Archive for 2011年12月

弊社関係者の皆様、当ブログの読者の皆様、2011年も大変お世話になりました。

本年は、例年にない非常に厳しい1年となりましたが、本年も年内の営業最終日を迎えることができました。
これも皆様のご支援のおかげでございます。
心から感謝いたします。

今年は本当にさまざまな出来事がありました。
東日本大震災、原発事故、台風による災害など度重なる未曾有の大災害にみまわれました。

大震災では、私にもなにかできることがないかと浦安市公式ツイッターアカウントのツイートを英訳するツイッターボットを作りました。
urayasu_kohobot
※ 関連エントリはこちら(今読むと少し恥ずかしいですね…)。
続きを読む »

AIR for AndroidでNative Extensionsを試してみた(Flexライブラリプロジェクト編)の続きです。

前回は、Flexライブラリプロジェクトを作成してaneファイルをパッケージングしました。今回は、そのaneファイルを使うアプリケーションを作成したいと思います。

aneファイルは、swcファイルに非常に似ています。なので、swcファイルを読み込んで利用したことがあれば、aneファイルを利用するアプリケーションを作成するのはそれほど難しくありません。ライブラリをビルドパスに設定すればすぐ使えるようになります。

まず、Flexモバイプロジェクトを作成します。

Flash Builderの「ファイル」メニューから、「Flexモバイルプロジェクト」を新規作成します。
続きを読む »

AIR for AndroidでNative Extensionsを試してみた(概要編)
AIR for AndroidでNative Extensionsを試してみた(Androidプロジェクト編)
とAIR for AndroidのNative拡張について書いているのですが、ちょっと間があいてしまいました。すいません…

そうこうしている間に、Adobe Developer ConnectionにもAIR Native Extensionsの記事がアップされました。
ネイティブ拡張(Native Extensions)入門 第2回 ネイティブ拡張の開発方法 前編 | デベロッパーセンター
ネイティブ拡張(Native Extensions)入門 第3回 ネイティブ拡張の開発方法 後編 | デベロッパーセンター

こちらの記事は、使用するクラスやメソッドなどについても詳細に書かれていたり、AndroidだけではなくiOS対応についての記載もありますので、非常に参考になると思います。
続きを読む »

AIR for AndroidでNative Extensionsを試してみた(概要編)の続きです。

前回は、AIR for AndroidでNative拡張する際の開発手順などについて記載しました。

  1. Androidプロジェクトの作成
  2. Flexライブラリプロジェクトの作成
  3. Flexモバイルプロジェクトの作成

今回は、実際にAndroidのNative機能を呼び出すAndroidプロジェクトを作成してみたいと思います。このプロジェクトでは、簡単に実装できて、Native拡張していることが簡単に確認できるよう、Toastクラスを利用したいと思います。

まず、Eclipse(Flash Builder)の「ファイル」メニューから、「Android Project」を新規作成します。
※ Eclipse Android Plug-inが必要です。
続きを読む »

ちょっと乗り遅れ気味ですが、AIR Native Extensionsにどっぷりはまってます。

今までAIRでは、AIR SDK 2.5からAndroid向けのアプリケーションが開発できたものの、AndroidのNativeの機能を利用することはできませんでした。アプリケーションからのちょっとしたメッセージを通知するようなToastクラスや、Androidに常駐しBackgroundで処理をするようなServiceクラスなどの機能のことです。
※ AIR Native ExtensionsはAndroid向けの機能ではありませんが、ここでは、Androidに特化して記述しています。

AIR 3からは、AIR Native Extensions(ANE)というNative拡張機能が実装されました。
参考:ネイティブ拡張(Native Extensions)入門 第1回 ネイティブ拡張を理解する | デベロッパーセンター

このAIR Native Extensionsに興味がわき始めたので、早速、2011年12月9日(金)に開催された、Native Extension Lab 5 : ATNDに参加してきました。

ANE LabのFacebookページはこちら。
Lab of Native Extensions

参加するにあたって、AIR for AndroidでNative Extensionsを利用する簡単なアプリを作りましたので、注意点などを踏まえてまとめたいと思います。
続きを読む »