Archive for the ‘GPS’ Category

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: iPhone OS 3.0のSafariでGPS機能を使ったWeb Applicationを作る!(履歴をMap表示編)で履歴画面から地図画面に遷移し、その住所を再表示する機能を実装し、ある程度まとまった感があるので、逆ジオコーディングのWebサービスとして公開したいと思います。

スタイルシートを当てて、見た目を整え、ロジックを少しリファクタリングしました。あわせて、いくつか機能を拡張したので、メモしておきます。

●地図画面
1)メール送信機能
パラメータで緯度・経度を取得してその住所を表示できるようにしたので、
続きを読む »

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: iPhone OS 3.0のSafariでGPS機能を使ったWeb Applicationを作る!(GPS編)の続きです。

前回作ったサンプルアプリiPhone GPS Sampleを実機でテストしてみました。実際にテストしてみていくつかわかったことがあります。

  • 移動してなくても現在地の緯度・経度の値が変わる場合がある。
  • 数歩歩くだけで変化する。

どちらも当たり前のことなんですが、実際に動きながらテストしてはじめて気付かされました。

以下のようなコードで、現在地の緯度・経度の値が変更になったときのイベントを受け、現在地住所を検索するようにしているので、

 function onLocationChanged(e) {
  lat = e.coords.latitude;
  lng = e.coords.longitude;
  getAddress(new GLatLng(lat, lng));
 }

地図上の吹き出しが表示されたり、消えたりを繰り返し、うざいです。なので、ある程度移動すると住所情報を再表示することにしました。
続きを読む »

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: iPhone OS 3.0のSafariでGPS機能を使ったWeb Applicationを作る!(UI編)の続きです。

iPhone OS 3.0のSafariでGPS機能を利用し、現在地の緯度・経度を取得します。

前回同様、以下のサイトを参考にしました。
各種デバイスの読み取り – iPhone 3G DevWiki

javascriptで現在地の緯度・経度を取得します。

 function initialize() {
  if (navigator != null && navigator.geolocation != null) {
   navigator.geolocation.watchPosition(onLocationChanged);
  }

  map = new GMap2(document.getElementById("map_canvas"));
  map.setCenter(new GLatLng(lat, lng), 15);
  GEvent.addListener(map, "click", onMapClick);
  geocoder = new GClientGeocoder();
 }

 function onLocationChanged(e) {
  lat = e.coords.latitude;
  lng = e.coords.longitude;
  getAddress(new GLatLng(lat, lng));
 }

続きを読む »

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: iPhone OS 3.0にアップデートしてみたで、iPhone SDK 3.0もインストールしたので、なにかiPhoneアプリでも作ってみようかと思っていたのですが、iPhone OS 3.0のSafariではGPS機能が使えるということを知り、iPhone向けのWebアプリを作ってみることにしました。

ろっきーのflashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: GoogleAPI~郵便番号から地図を表示してみる~によると、Google Maps APIがバージョンアップされ、Google Maps API – Google Codeに、逆ジオコーディング機能がついたようなので、これを使いたいと思います。


続きを読む »