Archive for the ‘TranslatAIR’ Category

2016年最初のエントリになってしまいました。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

過去に開発した翻訳アプリ

ですが、アップデートも滞っておりかなり陳腐化してしまったため、ソースをGitHubにアップしました!

GitHub – mojyamojya/gTranslator: A language translating application utilized the Translate API for Android users.
GitHub – mojyamojya/translatair: A language translating application utilized Google Translate API on the Adobe AIR runtime.

みなさんの開発の何かのお役に立てればと思います。

不備や質問等ございましたら、どしどしお問い合わせください!
よろしくお願いいたします。

ちょっと間があいてしまいましたが、Flash Builder BurritoでAIR for Androidを試してみた(実行編)で作成したプロジェクトの基本機能ができましたので、実機で試してみました。

作成したのはデスクトップ向けのAIRアプリ、TranslatAIRのAndroid版です。
※ バックナンバーはこちら

画面はこんな感じです。今回はViewが1つで、翻訳する機能のみを実装しました。
※ 以下の画面はFlash Builder Burritoに付属しているエミュレータで実行しています。


続きを読む »

昨日(2010/11/24)発売のMr.PC (ミスターピーシー) 2011年 01月号 [雑誌]に、TranslatAIRが掲載されました。

特集2 フリーソフト300の最新・注目ソフト60本のうちの1つとしてあげられていました。



他にも優れたフリーソフトがたくさん掲載されています。
興味がある方、是非、お手に取ってみてください!

7月末頃に、Adobe – Adobe AIR Contest 2010が開催されることをtwitterで知りました。

応募資格は、2010年8月31日までにAdobe AIR Galleryに作品を申請する。

ということで、なにか作って応募したいと思っていたのですが、ちょうどそのころ、gTranslatorのリリースに向けて、追い込みをかけていたところだったので、あまり余裕がありませんでした。

が、既存の作品でも応募可能ということなので、TranslatAIRを応募してみようと思いました。

ただ、既存のアプリケーションを応募するだけでは面白みがないので、AIR 2.0もリリースされたことですし、AIR 2.0の新機能を使った何かを実装したいと思っていました。

gTranslatorでは、当時、TranslatAIRにはなかった音声認識、TextToSpeechの機能を実装したので、逆に、デスクトップアプリにも同じような機能があっても面白いのではないかと思い、この機能を実装できたら応募しよう!と。
続きを読む »

TranslatAIRのTweet機能をXAuth対応する(準備編)の続きです。

ActionScriptのOAuthライブラリや、twitterのAPIライブラリを使おうかとも思ったのですが、コールするAPIは以下の2つだけなので、今回は自前で作ることにしました。

  • https://api.twitter.com/oauth/access_token(アクセストークンを取得する)
  • http://twitter.com/statuses/update.json(ステータスを更新する)

※ 後者は前から使ってる翻訳結果をtweetするAPIです。

ライブラリのソースコードはかなり参考にさせていただきました。
q-oauth – Project Hosting on Google Code
oauth-as3 – Project Hosting on Google Code
などです。
続きを読む »

google翻訳APIを使ったAIRアプリを作る!(Twitterに投稿編)でtwitterのAPIでサポートされている認証は、OAuth方式とBASIC認証と書きました。

Twitter API 仕様書 第二十版 (2009年4月16日版) より引用(2009/12/8時点の最新版です)。

どうやら、OAuth認証とBASIC認証をサポートしているようです。
とりあえずBASIC認証を使うことにします。

現在はXAuth方式もサポートされています。
ですが、BASIC認証が2010年6月30日に廃止されます。

以前リリースした簡易翻訳AIRアプリケーション、TranslatAIRが翻訳結果をtweetするという機能を持っていますが、BASIC認証を採用しているので、利用する認証方式を変更したいと思います。

@twitterapi’s countdown to Basic Auth removalでBASIC認証廃止へのカウントダウンが開始されています。
続きを読む »

やっと、アプリが完成したので、リリースしましたっ!

名前は、TranslatAIRです。翻訳するAIRアプリということで、translateとAIRを合体してつくった造語です。

基本機能は、今までブログに書いてきたものと同等ですが、いくつか機能を追加しました。

  1. 翻訳結果を表示する機能。
  2. 任意の文章を翻訳する機能。
  3. 翻訳履歴を保存・閲覧する機能。
  4. 設定変更機能
  5. クリップボードの中身を翻訳結果に差し替える機能。

などです。
続きを読む »

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: google翻訳APIを使ったAIRアプリを作る!(Twitterに投稿編)の続きです。

前回、翻訳結果をtwitterに投稿する部分を実装しました。いろいろテストしているうちに、クリップボードを監視する部分に問題があることがわかりました。

今の仕様では、クリップボードの中身に変化がないと、アイコンが回転しません。アイコンが回転しないと翻訳ができないため、2回連続で同じ文字をコピーした際には、アイコンが回転せず、翻訳ができないのです。

これはよろしくない。

ということで、以下のような仕様に変更することにしました。
続きを読む »

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: google翻訳APIを使ったAIRアプリを作る!(意図しない翻訳を避ける編)の続きです。

基本機能はある程度できつつあります。

ただ、翻訳するだけのアプリではなんとなく物足りないので、何か付加価値のある機能をつけたいと思います。そこで考えたのが、翻訳結果をtwitterに投稿する機能です!

まずは、仕様を決めたいと思います。

翻訳部分の仕様は、以下のようになっています。
続きを読む »

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: google翻訳APIを使ったAIRアプリを作る!(翻訳部分の実装編)の続きです。

前回まで、クリップボードを監視して値が変わったときに、翻訳するところまでを実装しました。ただ、これだとクリップボードにコピーした時にAPIをIコールするため、

要件の

翻訳元の文章は、インターネットを流れるので、ユーザが意図しない翻訳は極力避ける。

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: google翻訳APIを使ったAIRアプリを作る!より引用。

を満たさない結果となります。
続きを読む »