フルマネージドとマネージドの違い

Webサイト運営を行う上で必要になるマネージド(managed)という言葉には、「管理する」という意味が込められています。
満足できるようなサービスが詰められているマネージドですが、現代では更に上の満足を目指したフルマネージドが導入されるようになっています。
こちらでは、フルマネージドとマネージドの違いについてご紹介いたします。これからWebサイト運営に取り掛かるご予定のある方は、ぜひご参考ください。

マネージドで提供するサービス

一般的なマネージドでは、サーバーを設置する建物の設備やファシリティに関することをはじめ、インターネットを接続するために必要な回線やサーバー機器類、OSなどのサーバーソフト、ミドルウェアなど多くのことに関するサービスを提供しているため、マネージドはWebサイト運営を行う上で欠かすことができないものといえます。

フルマネージドで提供するサービス

フルマネージドは、マネージドで提供しているサービスに加え、アプリケーションレイヤーを含めた監視や運用代行サービスを一緒にして、一括提供するという特徴があります。
マネージドよりも、提供するサービスの範囲が広がったフルマネージドは、更に満足いただけるサービスとなっているのです。

幅広い範囲を一括でサポートするフルマネージドを導入することによって、安心してホームページの運営に集中していただくことができます。
サーバー管理に力を入れすぎてしまうと、本命であるWebサイト運営にすべての力を発揮することができなくなってしまうケースは意外に多いのです。
コンテンツやサービスを充実させたいとお考えの方は、マネージドよりもフルマネージドの導入をおすすめします。

当社のフルマネージトサービスでは、Web制作から、ホスティングサービスの提供、サイトの運営まで一貫したサービスを提供します。お客様のご要望をヒアリングさせていただくこともありますので、東京、都内でホスティングサービスをお探しであれば、千葉に所在する当社を利用すること際には、東京近辺の会社様とも対面で打ち合わせすることも可能です。仮想サーバーやホスティングに関するお悩みの方、格安料金でクラウドサービスをご利用されたい方、お気軽にお問い合わせください。

今すぐお問い合わせする