ホスティングサービスとハウジングサービスの違い

企業にとって、「如何に低コストで円滑な業務を実現する情報システムを構築できるか」は非常に重要な課題です。その課題をクリアするための手段として、アウトソーシングの需要が非常に高まっています。
そのアウトソーシングには、ホスティングサービスとハウジングサービスの二種類があり、それぞれに比較される特徴を持っています。

使用するサーバー

ハウジングサービスは、アウトソーシング先の専用施設に自社サーバーを持ち込み、安定した専用の高速回線を利用して運用を進めてもらうサービスで、コロケーションと呼ばれることもあります。サーバーを自社で用意する必要があり、サーバー開設の時間を短縮してスピーディーにサービスの利用を開始できます。

ホスティングサービスは、アウトソーシング先で用意するサーバーを使用することができるサービスです。サーバーには、サーバーの一部を他の企業をシェアして使用するスタイルの共用サーバーと、1台のサーバーを独占して使用できる専用サーバーがあります。サーバー開設から運用までのコスト全体を削減できるのが、ホスティングサービスの大きな特徴です。

インフラとセキュリティ

ハウジングサービスでは、サーバーの機種・ネットワーク構成・OS類の環境・拡張性などの選定や組み合わせを企業側で自由に行えるため、全体的に柔軟な構成が可能となります。
したがって、事業規模に伴ってシステムを拡張したい場合にも、的確に対応することが可能となるのです。
ハウジングサービスは、相場を参考にして初期費用と維持管理費を十分に用意し、セキュリティ面に優れたインフラ環境の中で、普段の運用を重点的に委託するスタイルとなります。
ホスティングサービスでは、機器と環境全てをアウトソーシング先に委託するため、設備投資と導入コストが大幅に削減できます。
独自ドメインが使用できるというところも、企業イメージや宣伝に効果的に作用します。
企業内に情報システム関連に長けたスタッフがいなくても、専門的な知識と技術を持った外部専門スタッフ主導の徹底した運用が実現できるスタイルなのです。

千葉県にある当社では、企業向けホスティングサービスとして情報管理・ドメイン取得などあらゆるメリットを万全のサポートでご提供いたします。
千葉県内や東京都内で、安心のホスティングサービスをお探しの企業様からの見積もり依頼やご相談をお待ちしております。

今すぐお問い合わせする