共用レンタルサーバーと専用レンタルサーバーの違い

ホスティングサービスのレンタルサーバーは、大別すると「共用レンタルサーバー」と「専用レンタルサーバー」の二種類に分けることができます。ここでは、この二つの違いについてご紹介いたします。

共用レンタルサーバーの特徴とは

共用サーバーはその名の通り、複数のユーザーでシェアしてサーバーをレンタルすることです。割り当てられるディスク容量にもよりますが、他のホスティングサービスと比べると比較的安価で借りられることが多くなっています。一般的にはWebサーバーやメールサーバーなどのサーバーソフトウェアも事前に導入されており、申し込み後すぐに利用することができます。複数のユーザーでシェアするため制限が多いこともありますが、価格の安さから人気を集めているのも事実です。安くホスティングサービスを利用したいという方には最適ではないでしょうか。

専用レンタルサーバーについて

共用レンタルサーバーは複数のユーザーが共有するものでしたが、専用レンタルサーバーは1台のサーバーを占有できるのが特徴です。任意のアプリケーションやライブラリをインストールすることができるうえに、他ユーザーによって引き起こされるパフォーマンスの低下が発生することもありません。共用レンタルサーバーと専用レンタルサーバーの相場を見比べてみると、専用レンタルサーバーの方が高く感じるかもしれませんが、価格相応のクオリティ、使いやすさ、パフォーマンスを持っているので気にならないと思います。

サーバー管理の代行について

サーバーを使う場合、管理業務は避けられません。管理業務は、死活監視やセキュリティ対策、ドメインやメールアドレスなどの設定といった煩雑なものが多く、社内で行うには管理業務を専任させることも少なくありません。兼任させてもサーバー管理業務に追われてしまい通常の業務に支障が出てしまう、といったことも考えられます。
このような場合にフルマネージドサービスだと、運用サポートや管理業務の代行をご依頼可能です。日々の業務に支障を出さずにサーバーをご利用いただけます。

企業向けのサーバーを導入したいとご検討中なら、ぜひ当社にお申し付けください。当社のホスティングサービスで、サーバー運用・保守管理・機器構成をアウトソーシングすることでお客様の負担を大幅に削減することができます。千葉に所在する当社であれば、東京、都内でホスティングサービスをお探しの方も、東京近辺の会社様と対面で打ち合わせできます。サービス内容やお見積もりなど、気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

今すぐお問い合わせする