Webサイトの種類

今では多くの企業が経営活動や販促活動に様々な効果が期待できると、Web制作に取り組んでいます。Web制作では目的や期待する効果によって、制作するWebサイトの種類は変わってきます。こちらでは目的に合ったWebサイトの種類をご紹介します。

商品・サービスのアピールをしたい

企業活動において商品・サービスのアピールは必要不可欠です。中でも世界に向けて直接商品を販売できる「ECサイト」の需要は非常に高いものになっています。
「ECサイト」はいわゆるネットショップを意味しています。他にも商品・サービスの認知度向上を目的としたプロモーションサイト、類似商品・サービスとの差別化を図りブランドイメージを向上させる「ブランディングサイト」などがあります。これらのサイトでポイントとなるのが、顧客に向けたファーストインプレッションです。
例えばECサイトの場合、そもそも商品販売がメインなので、集客率やリピーター率によって利益が変わります。そのため、取り扱う商品の充実性や画面構成・デザインなどが重要となります。スマホユーザーを考慮し、スマートフォン対応にするとサイトの効果も高まります。

企業の認知度をアップさせたい

広大なWeb世界では、企業情報の発信が起業にプラスとなる働きをもたらすケースも少なくありません。企業の活動・姿をリアルに伝えるサイトを「コーポレートサイト」と言います。企業それぞれの魅力や特色を盛り込み、企業価値の高さが伺えるサイトデザインにすることがポイントです。

顧客とコミュニケーションを取りたい

新規顧客・リピーター獲得のためには、常に顧客の分析が必要です。このような時に最適なのが「SNSサイト」や、企業ホームページとは別にした「ブログサイト」です。Twitterやfacebookなどを使って顧客とコミュニケーションを取り、年齢・性別・職業・ライフスタイルなどを分析することで、新たな商品・サービスが生み出されます。

Web制作は必ずしも1つに絞る必要はなく、ECサイトとブランディングサイトの機能を組み合わせたWebサイトを制作することも可能です。千葉県にてWeb制作をお考えの方はぜひ当社までご依頼ください。Web制作をはじめ、Webサイト運営やホスティングサービスなどをご提供しております。千葉県だけでなく、東京都内の中小企業様からのご依頼も承っております。お気軽にお見積もりをお問い合わせください。

今すぐお問い合わせする