TranslatAIR

TranslatAIRの使い方

タスクトレイやDockのアイコンをクリックするという簡単なアクションで、翻訳画面を表示したり、クリップボードにコピーされた文字を翻訳することができます。また、翻訳結果をtwitterに投稿する設定になっている場合には、翻訳後にアイコンが回転します。その回転中のアイコンをクリックすると、twitterに翻訳結果をつぶやくことができます。


また、オペレーティングシステムの機能を利用した音声の認識、翻訳結果の読み上げ(音声合成)が可能になりました。お使いのコンピュータに付属(または接続)されているオーディオデバイスを通して、しゃべった言葉を翻訳したり、翻訳結果をコンピュータに読み上げさせることができます。新着


※ タスクトレイやDockのアイコンをクリックした時の動作は、設定により変更することができます。クリック後の動作を変更したい場合には、設定画面についてをご確認ください。

※ 音声がうまく認識されない場合には、音声をより正確に認識できるようにするにはをお試しください。新着

メニューについて

Dockメニュー

タスクトレイやDockに格納されているTranslatAIRのアイコンを右クリック(Mac OS Xをお使いの場合には、アイコンの長押しでも可)すると、メニューが表示されます。

翻訳メニュー

任意の文章を翻訳することができる、翻訳画面を開きます。

翻訳履歴メニュー

翻訳の履歴を閲覧するすることができる、翻訳履歴画面を開きます。

設定メニュー

各種設定を行うことができる、設定画面を開きます。

クリップボードを置き換えるメニュー

クリップボードを置き換える設定のON/OFFを切り替えることができます。

※ 設定画面で変更することも可能です。

Dockに追加メニュー

DockにTranslatAIRのショートカットを追加します。

※ Windowsをお使いの場合には表示されません。

ログイン時に開くメニュー

ログイン時に自動的に起動する設定のON/OFFを切り替えることが出来ます。

※ Windowsをお使いの場合には表示されません。

Finderに表示メニュー

TranslatAIRのホームディレクトリを、Finderで開きます。

※ デフォルトでは/Applicationsディレクトリになります。

※ Windowsをお使いの場合には表示されません。

隠すメニュー

TranslatAIRを隠し、別のアプリケーションに切り替えます。

※ Windowsをお使いの場合には表示されません。

終了メニュー

アプリケーションを終了します。タスクトレイやDockに常駐しているアイコンが非表示になります。

▲ページのトップへ

設定画面について

設定画面では、TranslatAIRの各種設定を変更することができます。画面右下のOKボタンをクリックすることで、設定が保存されます。

※ 間違えて設定を変えてしまった場合には、CANCELボタンでキャンセルが可能です。

翻訳設定を変更する

翻訳言語の設定

翻訳時の言語を変更できます。

※ インストール直後は、「英語」から「日本語」に翻訳するように設定されています。

※ 翻訳画面起動時は、この翻訳設定がデフォルト表示されます。

翻訳画面について»

アイコン

アイコンクリック時の動作を設定できます。

アイコンクリック時に翻訳画面を開く

翻訳画面を開く設定

クリップボードにコピーされた文字が画面上に反映された状態で、翻訳画面が開きます。

※ インストール直後は、この状態に設定されています。

翻訳画面について»

アイコンクリック時に翻訳する

翻訳する設定

アイコンクリック時に、クリップボードにコピーされた文字を翻訳します。翻訳結果は、以下のように表示されます。

正常終了時

正常終了時翻訳結果

異常終了時

異常終了時翻訳結果

クリップボードを置き換える

クリップボードモード設定

クリップボードにコピーされた文字を、翻訳結果に置き換えます。

※ 設定をONにしていても、翻訳画面での翻訳時には、クリップボードの内容は置き換わりません。

twitter

翻訳結果をtwitterに投稿する設定ができます。

翻訳結果を投稿する

twitterに投稿する設定

アイコンクリック時の翻訳後に、翻訳結果をtwitterに投稿することができます。翻訳後に、アイコンが回転し始めるようになりますので、クリックすると、翻訳結果をtwitterに投稿することができます。

※ ご自分のtwitterアカウントのID(またはemail)、パスワードを設定してください。

アイコンの回転時間を変更する

アイコン回転時間の設定

翻訳結果をtwitterに投稿する際の、アイコンが回転する時間設定を変更することができます。

※ 設定可能な回転時間は6〜10秒の間となります。

※ インストール直後は8秒に設定されています。

▲ページのトップへ

翻訳履歴画面について

翻訳履歴画面

翻訳履歴画面では、翻訳履歴を閲覧することができます。また、画面上の一覧より行を選択して、ダブルクリックすると、その内容が反映された状態で翻訳画面が開きます。

※ 翻訳したものだけが履歴として残りますので、クリップボード履歴となるわけではありません。

▲ページのトップへ

翻訳画面について

任意の文章を翻訳することができます。また、翻訳結果をtwitterに投稿することができます。また、Windows版では、しゃべった言葉を翻訳したり、翻訳結果をコンピュータに読み上げさせることができます。

任意の文章を翻訳する

翻訳画面

翻訳画面では、任意の文章を翻訳することができます。赤枠内のボタンをクリックすると、翻訳する向きを変更することができます(B→A)。

※ 翻訳画面起動時は、上から下方向(A→B)へ翻訳するように設定されています。

翻訳結果をtwitterに投稿する

twitterに投稿する画面

翻訳画面では、翻訳結果をtwitterに投稿することができます。画面下部の投稿ボタンをクリックすると、翻訳結果をつぶやきます。

※ twitterアカウントのID(またはemail)、パスワードが保存されていない場合には、入力する画面が表示されます。

※ 「次回から省略する」をチェックすると、入力内容が保存されますので、再度、ID(またはemail)、パスワードを入力する必要はなくなります。

しゃべった言葉を翻訳する新着

翻訳画面

翻訳画面では、コンピュータに向かってしゃべりかけた言葉を翻訳対象とすることができます。赤枠内のボタンをクリックすると、音声認識インターフェイスが表示されます。


音声認識インターフェイス

※ 音声認識は、Windows版のみの機能となります。

翻訳結果を読み上げる新着

翻訳画面

翻訳画面では、翻訳結果を読み上げさせることができます。赤枠内のボタンをクリックすると、翻訳結果を読み上げます。

※ 音声合成は、Windows版のみの機能となります。

▲ページのトップへ

音声認識させるには新着

音声認識インターフェイス
  1. 翻訳画面のマイクボタンを押すとWindowsの音声認識インターフェイスが起動します。
  2. 「音声認識を開始します」メッセージが表示されます。
  3. しばらくすると「オフ」になりますので、音声認識インターフェイスのマイクボタンを押してください。
  4. 「聞き取ります」メッセージが表示されたら、コンピュータに向かってしゃべりかけてください。
▲ページのトップへ

音声をより正確に認識できるようにするには新着

音声認識オプション
  1. スタートメニューより「コントロールパネル」を選択します。
  2. コントロールパネルより「音声認識オプション」を選択します。
  3. 音声認識オプションの「ユーザーの音声をより正確に認識できるように、コンピュータに学習させる」(赤枠内)を選択します。
  4. 音声認識トレーニングで、何度か音声認識させることで、音声をより正確に認識できるようになります。
▲ページのトップへ

自動起動しないようにするには

TranslatAIRはインストールすると、スタートアッププログラムとして登録されます。PCにログイン時に、自動的に起動しないようにするには、以下の手順に従って、設定を解除してください。

Windowsの場合

スタートアップメニュー削除
  1. スタートメニューより「スタートアップ」を選択します。
  2. TranslatAIRのメニューを右クリックし、ショートカットを削除します。

Mac OS Xの場合 その1

ログイン時に開く
  1. Dockメニューを開きます。
  2. 「ログイン時に開く」メニューがチェック状態の場合には、メニューを選択します。

Mac OS Xの場合 その2

システム環境設定
  1. システム環境設定より「アカウント」を開きます。
  2. 「ログイン項目」を選択し、ログイン時に自動的に開く項目に設定されているTranslatAIRを削除します。
▲ページのトップへ