gTranslator

gTranslatorの使い方

アプリケーションを起動すると、翻訳画面が表示されます。ボタンを押して、お使いのAndroidに向かって翻訳したい言葉を話してください。言葉が正常に解釈されると画面上に表示されますので、ボタンを押して翻訳します。その翻訳結果をAndroidに読み上げさせたり、メールしたり、twitterに投稿したりできます。


翻訳結果を読み上げる»

翻訳画面について

翻訳する

翻訳画面

任意の文章を翻訳することができます。赤枠内のボタンを押すと、翻訳する向きを変更することができます(B→A)。


※ 翻訳画面起動時は、上から下方向(A→B)へ翻訳するように設定されています。

翻訳結果をtweetする

現在位置情報の取得ダイアログ tweet画面 Sign inダイアログ

翻訳結果をtwitterに投稿することができます。翻訳画面下部のボタンを押すと、tweetする翻訳結果を編集する画面が表示されます。

また、翻訳結果とあわせて現在位置情報をtweetすることができます。現在位置情報の利用を確認するメッセージが表示されますので、お好みの設定でお使いください。


※ 翻訳されないと、ボタンは有効になりません。翻訳後にボタンを押してください。

※ 現在位置情報の利用については、設定画面にて変更することができます。

※ 現在位置情報は、状態により、正しく機能しない場合がございます。

※ twitterアカウントのID(またはemail)、パスワードが保存されていない場合には、tweet時に入力する画面が表示されます。

twitter設定について»

翻訳結果をメールする

メールアプリケーション選択 メール送信

翻訳結果をメールすることが出来ます。画面下部のボタンを押すと、メールアプリケーションを選択する画面が表示されます。アプリケーションを選択すると、メールの本文に翻訳結果が表示されます。


※ 翻訳されないと、ボタンは有効になりません。翻訳後にボタンを押してください。

翻訳結果をSMS送信する

SMS送信

翻訳結果をSMS送信することが出来ます。翻訳画面下部のボタンを押すと、ショートメッセージ送信画面が開きます。送信先を指定して、翻訳結果を送信します。


※ 翻訳されないと、ボタンは有効になりません。翻訳後にボタンを押してください。

翻訳結果を読み上げる

確認画面 音声データ 音声データインストール

音声データをインストールすると、Androidが翻訳結果を読み上げるようになります。

音声データがインストールされていない場合には、インストールを確認するメッセージが表示されます。

翻訳画面下部のボタンを押すと、翻訳結果を読み上げます。


※ 日本語読み上げ機能には、Android JaTTSライブラリを利用しております。

※ 翻訳されないと、ボタンは有効になりません。翻訳後にボタンを押してください。

※ 音声データがインストールされていない場合には、本機能はご利用になれません。


音声データを手動インストールするには»

音声認識する

言語選択ダイアログ 話してくださいダイアログ

お使いのAndroidに向かって話した言葉を翻訳対象とすることができます。画面下部のボタンを押して、何語を話すか選択します。「お話しください」画面が表示されたら、話しかけてください。正しく認識されると、話しかけた言葉が画面上に表示されます。


※ Xperiaをお使いの場合には、本機能がご利用になれない場合がございます。お手数ですが、Google 音声検索をインストール後に、再度、お試しいただけますようお願いいたします。

※ 設定画面にて、「音声入力の言語を固定」すると、毎回話しかける言語を選択する必要はなくなります。

音声設定について»
▲ページのトップへ

メニューについて

履歴画面を開く

履歴画面を開くメニュー 履歴画面

赤枠内のHistoryメニューを選択すると、履歴画面を開きます。過去の翻訳履歴を閲覧することができます。

設定画面を開く

設定画面を開くメニュー 設定画面

赤枠内のSettingsメニューを選択すると、設定画面を開きます。各種設定を変更することができます。

翻訳結果をクリップボードにコピーする

クリップボードにコピーメニュー

赤枠内のClipboardメニューを選択すると、翻訳結果をクリップボードにコピーします。

バージョン情報を見る

バージョン情報を開くメニュー バージョン情報ダイアログ

赤枠内のInformationメニューを選択すると、gTranslatorのバージョン情報画面を開きます。

▲ページのトップへ

履歴画面について

翻訳画面を開く

履歴画面で翻訳履歴を選択 翻訳画面を開く

履歴画面の一覧より、翻訳履歴を選択すると、内容が反映された状態で翻訳画面が開きます。過去に翻訳した内容を、確認することが出来ます。

翻訳結果をもっと読む

翻訳履歴をもっと読む

履歴画面の一覧には、最新の翻訳履歴が20件づつ表示されます。翻訳履歴がそれ以上ある場合、画面下部に表示されている行を選択すると、それ以前の翻訳履歴が読み込まれます。

翻訳結果を削除する

翻訳履歴を削除するダイアログ

履歴画面の一覧より、ボタンを押すと、削除確認メッセージが表示され、選択した翻訳履歴を削除することができます。

翻訳結果をすべて削除する

翻訳履歴をすべて削除するメニュー

赤枠内のDelete allメニューを選択すると、すべての翻訳履歴が削除されます。一括ですべての翻訳履歴を削除したい場合にご利用ください。

▲ページのトップへ

設定画面について

翻訳設定

何語を翻訳するか設定する

翻訳対象言語設定 翻訳対象言語設定ダイアログ

翻訳対象となる言語のデフォルト設定を変更することができます。


※ インストール直後は、「英語」から翻訳するように設定されています。

何語に翻訳するか設定する

翻訳結果言語設定 翻訳結果言語設定ダイアログ

翻訳結果となる言語のデフォルト設定を変更することができます。


※ インストール直後は、「日本語」に翻訳するように設定されています。

翻訳結果を保存する

翻訳結果を保存する設定

翻訳結果を保存する設定を変更することができます。翻訳結果を保存する設定の場合には、翻訳時に自動的に翻訳結果が保存されます。


※ インストール直後は、翻訳結果を保存するように設定されています。

※ v1.0.6より、翻訳結果を保存するかどうかを選択できるようになりました。

クリップボードを翻訳する

クリップボードを翻訳する設定 ツールバーにアイコンを表示 ユーザ通知画面 履歴画面

クリップボードの文字をバックグラウンドで翻訳する設定に変更することができます。クリップボードを翻訳する設定の場合には、文字をクリップボードにコピーした瞬間に、翻訳が行われます。翻訳が完了すると、ツールバーにマークが表示され、バックグラウンドで翻訳が行われたことを通知します。その通知をたどり、翻訳履歴画面を開くことができます。


※ インストール直後は、クリップボードを翻訳しないように設定されています。

音声設定

音声入力の言語を固定する

音声入力の言語を固定する設定

翻訳対象とするAndroidに向かって話す言葉を、何語にするか固定することができます。固定する設定の場合には、ボタンを押した際に、話す言語を選択するダイアログが表示されなくなります。


※ インストール直後は、固定しないように設定されています。

音声入力の言語を設定する

固定する言語を設定 固定する言語を選択するダイアログ

固定する言語を設定します。設定後にボタンを押すと、常にその言語を認識するようになります。


※ 固定されている言語以外を話した場合には、正常に認識されません。

twitter設定

twitterアカウントを保存する

twitterアカウントを保存する設定

翻訳結果をtweetするtwitterアカウントを保存することができます。翻訳画面のボタンを押した際に使用されます。


※ twitterアカウント保存時には認証は行われません。保存後の初回tweet時に認証されます。

IDまたはemailを設定する

twitterアカウントのIDまたはemailを保存する IDまたはemailを入力するダイアログ

IDまたはemailを保存します。ダイアログが表示されますので、ご自身のIDまたはemailを入力してください。

Passwordを設定する

twitterアカウントのパスワードを保存する パスワードを入力するダイアログ

パスワードを保存します。ダイアログが表示されますので、ご自身のパスワードを入力してください。

現在位置情報を取得する

現在位置情報を取得する

翻訳結果のtweet時に、現在位置の情報を取得するか設定することができます。取得する設定の場合には、翻訳結果とあわせて、現在位置の情報がtweetされます。取得しない場合には、翻訳結果のtweet時に、現在位置の情報は利用されません。

▲ページのトップへ

音声データを手動インストールするには

すべてのプログラム 設定メニュー テキスト読み上げ設定画面
  1. 「すべてのプログラム」を表示し、「設定」を選択します。
  2. 「設定」メニューより、「テキスト読み上げ」を選択します。
  3. 「テキスト読み上げ」画面より、「音声データをインストール」を選択すると、音声データをインストールすることができます。
▲ページのトップへ