Cocomo ベータのコードネームがAdobe Flash Collaboration Service ベータに変更になりました。

As we get closer to offering the service commercially, we knew it was time to adopt a corporate name. We believe the Platform as a Service we’re making should be in the toolbox of any Flash/Flex developer, so we wanted “Flash” in the name. From there, it was a matter of describing what the offering is : Adobe Flash Collaboration Service.

Collaborative Methods: Cocomo is now Adobe Flash Collaboration Service. Let’s Talk Roadmaps.より引用。

Adobe labのURLも変更になっています。
Flex, RIA | Adobe Labs – Adobe Flash Collaboration Service

SDKも変更されていました。

設定手順は前回と同様ですが、ライブラリ名がcocomo.swcからafcs.swcに変わってました。

・「ライブラリパス」にafcs.swcを追加します。

・「ソースパス」にSDKのソースフォルダを設定します。

後はサンプルプロジェクトが3つほど増えてました。

  • MultipleSessions
  • PeerToPeerRtmfp
  • zoomlayout

さらっと見て、気づいたのはそんなところですね。Adobeのクラウド戦略がいよいよ本格化していきそうで今後の動向が楽しみです!

関連記事

Trackback URL