PHP 5.6のセキュリティーサポートは2018年末まで延長されたこともありますが、PHP 7系の案件も、ここ最近ではボチボチ見られるようにもなってきました。

かなり前にセットアップしたまま放置していたAWSのAmazon Machine Imagesで、PHPのバージョンの古いものがありましたので7.1にアップデートしたいと思います。

まず、インストール済みのPHPを削除したいと思いますので、PHP関連のものでインストールされているものを削除しておきます。

続きを読む »

Lineスタンプの販売を開始いたしました。


めぐぽんとぴこぴん – クリエイターズスタンプ

megupon&picopin
続きを読む »

WordPressのxmlrpc.phpに対する攻撃って結構頻繁にあるものなんですね。インターネットで検索すると色々対策されている記事を見かけますが、実際に自分のサイトが攻撃の対象になるとは思っていませんでした。

.htaccessやxmlrpc.phpのパーミッションで対応する方法などいくつかあるようですが、sshなどでサーバーに接続ができない環境にある時などはすぐに対応するのはなかなか難しいです。そこで今回はAmazon Web Services VPCのセキュリティ、Network ACLsのファイアウォール機能を使って、ブラウザからAWS Management ConsoleにアクセスさえできればIP制限できる方法で対策してみたいと思います。

Network ACLsについてはこちらを参考にしてください。
ネットワーク ACL – Amazon Virtual Private Cloud

ある時、アクセス数が増加してサーバーへの負荷が急にかかり始めました。Scalingしてもある程度時間が経つと同じ状況になってしまいます。アクセスログを確認してみたところ

2017-02-27T23:00:33.822147Z example.com 51.00.00.00:54628 172.00.00.00:80 0.000029 0.236676 0.000022 200 200 250 370 “POST http://54.00.00.00:80/xmlrpc.php HTTP/1.0″ “Mozilla/4.0 (compatible: MSIE 7.0; Windows NT 6.0)” – -

のアクセスログが多発していることがわかりました。
続きを読む »

何年か前にドメインを取得するのにValue-domainを使ったことがありました。が、最近はほとんどお名前.comです。

今では、お名前.comで管理しているドメインの方が多いので、支払い等も統一したいということで、Value-domainからお名前.comに移管してみようと思い試してみましたので、簡単な手順と注意点を記載したいと思います!

手順は
ドメインの管理を移す|ドメイン取るならお名前.com
に従って行えば良さそうなのですが、果たして何も問題なく移管できるでしょうか?
何か盲点がありそうです(笑)
続きを読む »

小規模なWebサイトをAWSで運営しています。突発的なアクセスに備えてインスタンスを増減できるようElastic Load Balancer(Classic Load Balancer)を利用しauto scalingするようしており、稼働中インスタンスのAMIバックアップをLambdaファンクションで夜間にとるようにしています。

今回は、このバックアップしたAMIでAuto Scaling設定を更新するLambdaファンクションを作ってみたいと思います。

こちら記事を参考にさせていただきました。
suz-lab – blog: “Auto Scaling”で利用するAMIをアップデートしてみる

Auto Scalingの設定を更新するコマンドは主にこちらの2つ。

●起動設定(Launch Configuration)を新規作成するコマンド

[root@ip-172-30-0-167 ~]# as-create-launch-config –image-id –group –instance-type < インスタンスタイプ> –region < リージョン>
OK-Created launch config

●Auto Scalingグループを更新するコマンド

[root@ip-172-30-0-167 ~]# as-update-auto-scaling-group –launch-configuration –region < リージョン>
OK-Updated AutoScalingGroup

です。
続きを読む »

ホームページを作っていてEdgeだけ他の主要ブラウザ(Chrome、Safari、Firefox、IE11・・・)とは違った表示になってしまった。ってことありませんか?
そんなときはIEみたいにEdgeだけスタイルをあてるようにできるとといいですよね。

こんな書き方でできるみたいです。
メモしておきます。

@supports (-ms-ime-align:auto) {
	#top .main_visual {
		background-attachment: scroll;
	}
}

@supports(条件)で、条件の部分をサポートしている場合はそのスタイルを適用する。
みたいな感じですね。

@supports (-ms-accelerator:true) {
	#top .main_visual {
		background-attachment: scroll;
	}
}

以前は

-ms-accelerator:true

でいけたようなのですが、Edgeのバージョンアップで-ms-acceleratorはいつからかきかなくなったみたいです(2016/10/28時点)。

Edgeだけうまく表示されないということで、手っ取り早く対応したいときにはしかたないかもしれませんが、この方法はあまり良くないかもしれませんね。
バージョンアップでいつサポートされなくなるかわかりませんので。

この書式を使う場合にはご注意を!

Developer’s blog | Microsoftの翻訳APIを久しぶりに使ってみた(アクセストークン取得API実装編)の続きです。

ちょっと時間が空いてしまいましたが、いよいよ翻訳処理の実装をしていきたいと思います。

アクセストークン取得の実装(Javascript)

前回は、アクセストークンを取得するphpの処理を実装し、それをauth.phpという名前で保存しました。

まずは、これをJavascriptから呼び出してアクセストークンを取得する部分を実装します。
続きを読む »

Amazon Web Serviceの提供するバージョン管理システム、CodeCommitをgitのクライアントツールSourceTreeで使ってみたいと思います。

CodeCommitをコマンドラインで使う方法はこちらに記載しています。

Developer’s blog | AWSのソース管理サービスCodeCommitを使ってみる

こちらの記事を参考にさせていただきました。

AWS CodeCommit with SourceTree – geekprotem projects

ローカルリポジトリが作成済みの状態で、SourceTreeを開きます。
続きを読む »

Microsoftの翻訳APIを久しぶりに使ってみた(準備編)の続きです。

今回はアクセストークン取得API呼び出しの実装についてまとめてみたいと思います。

画面イメージは、gTranslatorのように翻訳前と翻訳後の文章を入出力するtextareaがあって、翻訳対象の言語と翻訳後の言語を選べるようにしたいと思います。後、翻訳実行のボタンがあるといいと思います。

少しだけスタイルをあててこんな感じにしてみました。

翻訳フォームのレイアウト
続きを読む »

ブログを書くときなどに、参考にさせてもらったサイトへのリンクを貼ることがよくありますが、管理者機能のエディタなどから真面目に入れていこうとすると、結構面倒くさかったりします。

リンクを挿入する画面

普段ブラウザはGoogle Chromeを使用していることが多いのですが、拡張機能などでブログに貼りつけるアンカータグがサクッと作れたらいいな~、と思いました。
ということで、見ているホームページのタイトルとURLから、アンカータグをクリップボードに保存するというChrome拡張機能を作ってみました。
続きを読む »