Android向け簡易翻訳(通訳)アプリケーション、gTranslatorに翻訳結果をFacebookのウォールに投稿する機能を追加しましたので、手順をご紹介したいと思います。

1エントリにまとめるとかなり長くなってしまいますので、何回かに分けて記載したいと思います。

Facebook SDK for Androidを使います。
The Official Facebook SDK for Android – Facebook開発者

今回は、SDKの導入手順です。

Mobile Apps – Facebook開発者を参考にしました。

Facebook SDKのダウンロード

GitHubからFacebook SDKのダウンロードします。

Gitがインストールされていれば、以下のコマンドで取得できます。

git clone git://github.com/facebook/facebook-android-sdk.git

が、今回は、こちらからダウンロードすることにしました。
facebook/facebook-android-sdk – GitHub

ダウンロードボタンをクリックします。

ダウンロードするファイルの形式を選択するメッセージが表示されます。

zipファイルをダウンロードしました。
ダウンロードしたzipファイルを任意のフォルダに解凍します。

Facebook SDKのプロジェクトを作成

Eclipseを起動して、ファイルメニューよりプロジェクトを新規作成します。

New Android Project画面が表示されます。

「Create project new existing source」を選択します。

プロジェクト名を「com_facebook_android」とします。Build Targetは「Android 2.2」にします。

「com_facebook_android」プロジェクトが出来ました。

プロジェクトの参照設定

Facebook SDKのプロジェクトとは別にアプリケーションのプロジェクトを作成します。今回は以下のようにしました。



続いて、このプロジェクトにFacebook SDKのプロジェクトを参照設定します。

プロジェクトのプロパティメニューを選択します。

プロパティ画面の左ペインから「Android」の設定を選択します。

画面下部の「Add」ボタンをクリックすると、参照設定するプロジェクトを選択する画面が表示されます。

「com_facebook_android」を選択し「OK」ボタンをクリックします。

Facebook SDKプロジェクトの参照設定ができました。

以上でSDKの導入は完了です。次回は、Facebookにアプリケーションを登録する手順をご紹介したいと思います。

関連記事

Trackback URL