YouTubeにアップした動画を、ホームページに埋め込みたいこと、ありますよね?
ホームページにYouTubeの動画を埋め込む方法をご紹介したいと思います。

まず、ホームページに埋め込みたい動画のページをブラウザで表示します。

例えば、TranslatAIR – YouTube



ここで、動画の部分を右クリックすると、コンテキストメニューが表示されます。

「埋め込みコードをコピー」を選択すると、動画をホームページなどに埋め込むためのhtmlがクリップボードにコピーされています。

<iframe width="640" height="360" src="http://www.youtube.com/embed/HABItlYiFC0?feature=player_detailpage" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

このコードを、表示したいhtmlファイルにペーストすれば、YouTubeの動画をホームページに埋め込むことができます。

非常に簡単ですね。

ですが、ただ埋め込みコードをコピーして貼付けただけだと、不都合が生じたりすることもあります。

例えば、、、

YouTubeの動画は、再生後に関連すると思われるいくつかの他の動画を表示しますが、動画をアップしたてのようにあまり最適化がされていないような場合、関連する動画にふさわしくないものが表示されてしまうことがあります。

これを防ぐためには、上記のhtmlの動画のURLのところにパラメータを指定してやります。

関連動画に関するパラメータはrelです。

  • 表示する場合は1
  • 表示しない場合は0

を指定します。

なので、URLは

http://www.youtube.com/embed/HABItlYiFC0?feature=player_detailpage&rel=0

のようになります(太字の部分を追記)。

YouTubeには、この他にもパラメータで色々指定できるようになっているようです。

各パラメータの意味、値などはこちらに記載されていますので、参考にしてみてください。
YouTube 埋め込みプレーヤーのパラメータ – YouTube — Google Developers

関連記事

  • Unique Post

Trackback URL