久しぶりに翻訳のAPIを使ってみました。
APIを使い始める前にいくつか準備が必要でしたので、その手順をまとめたいと思います。

以前は
Translate Method
を使っていたのですが、いつからか認証と、回数か、期間かの制限ができたようなので、

今回はこちらを使いました。
Microsoft Translator – Built for enterprise

microsoft translator

メインビジュアルのカルーセルからText APIのFree trialを選ぶと

click free trial

Microsoft Translator – Text Translation | Microsoft Azure Marketplace
のページが開きます。

microsoft azure marketplace

こちらから月2,000,000 文字の翻訳まで無料で使えるプランを選びたいのですが、サインアップしないといけないようです。

signup free plan

サインアップします。

microsoft azure marketplace registration

内容を入力して「続行」ボタンをクリックすると、「使用条件」が表示されます。
「使用条件に同意します」を選択して「登録ボタン」をクリックします。

microsoft azure marketplace agreement

確認画面が表示されますので、内容を確認して「サインアップ」ボタンをクリックします。

microsoft azure marketplace signup

Microsoft Azure Marketplaceへのサインアップが完了しました。

microsoft azure marketplace signup complete

開発者ポータルに移動し、翻訳APIを使用するアプリケーションを登録します。

microsoft azure marketplace developer portal

「登録」ボタンをクリックします。

microsoft azure marketplace application registration

以下の項目はAPIの呼び出し時に必要になります。

  • クライアントID:任意のID
  • 顧客の秘密:デフォルト表示されているのでそのまま登録

※ 「顧客の秘密」って訳がおもしろいですね。

その他の項目も入力して「作成」ボタンをクリックします。

開発者ポータルに戻ると、登録したアプリケーションが表示されています。

microsoft azure marketplace developer portal

これで準備は整いました!

次回は、APIの実装編をまとめたいと思います。

関連記事

Trackback URL