何年か前にドメインを取得するのにValue-domainを使ったことがありました。が、最近はほとんどお名前.comです。

今では、お名前.comで管理しているドメインの方が多いので、支払い等も統一したいということで、Value-domainからお名前.comに移管してみようと思い試してみましたので、簡単な手順と注意点を記載したいと思います!

手順は
ドメインの管理を移す|ドメイン取るならお名前.com
に従って行えば良さそうなのですが、果たして何も問題なく移管できるでしょうか?
何か盲点がありそうです(笑)

ドメイン移管手順

このうち青の番号の部分が実際に行う部分になります。

ドメイン移管手順の概略図

①、②、④、⑥、⑩の部分ですね。

早速、②のトランスファー申請を完了すると、以下のようなメールが届きます。

━━お名前.com by GMO ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━ ドメイン公式登録サービス ━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.onamae.com/ ━
■個人情報保護ポリシーについて■
───────────────────────────────────
お名前.comでは、個人情報の取り扱いに関しまして当社策定の「個人情報保護
ポリシー」に従っております。詳細は下記URLにてご確認ください。

http://gmo.jp/policy/privacy.html?pol=onamae

※本メールに心当たりの無い方は、本メールの破棄をお願いいたします。

───────────────────────────────────
■ドメイン移管受付通知■
───────────────────────────────────
ドメイン名………………:example.com
───────────────────────────────────
お名前.comをご利用いただき、まことにありがとうございます。

上記ドメイン名のドメイン移管申請を保留状態で受付いたしました。
弊社にて申請内容のご確認を行いますので今しばらくお待ちください。

※以下に該当するドメインは弊社審査において不受理とさせていただく場合が
  ございますので、あらかじめご了承ください。

・登録期限日が間近または登録期限日を経過している場合
・現登録業者にてWhois情報を代行するサービスを受けている場合
・現在のWhois情報が虚偽情報と思われる内容の場合(汎用JPドメイン以外)
・登録者名もしくは公開連絡窓口情報が異なる複数のドメインをお申込みいた
 だいた場合、一番上にご入力いただいたドメインと情報が異なるドメインを不受
 理とさせていただきます(汎用JPドメイン)
・登録担当者情報に[電子メイル]が設定されていない場合(属性型JPドメイン)
・技術担当者情報が複数設定されている場合(属性型JPドメイン)

詳細につきましては下記URLをご参照ください。

http://help.onamae.com/app/answers/detail/a_id/8590/

ご申請を受理させていただいた場合には、下記件名にてお名前.comへの
ドメイン移管に伴う承認手続きのメールを送信いたします。
メール本文中に承認手続きを行うURLが記載されておりますので、期日ま
でに承認手続きを行ってくださいますようお願いいたします。

件名:【重要】トランスファー承認手続きのお願い
送信先:
・汎用JPドメインの場合・・・公開連絡窓口情報[Email]
・属性型JPドメインの場合・・・登録担当者情報[電子メイル]
・上記以外のドメインの場合・・・管理担当者[Admin]メールアドレス

※汎用JPドメインの移転手続きの場合につきましては、送信させていただくメールの
件名が下記の通りとなります。
件名:【重要】指定事業者変更(移転)承認手続きのお願い
※お名前.comでは.jpドメインの指定事業者変更・移転を含めて「ドメイン移管」
という呼称を用いております。

・・・以下略・・・

このあと、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お名前.com by GMO ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
An English version of this message is contained below.
───────────────────────────────────
■トランスファー承認手続きのお願い■
───────────────────────────────────
もじゃもじゃ 様

お名前.com by GMOは、2017/02/02 に もじゃもじゃ 様より、
下記ドメイン名のトランスファー申請を受け付けました。

ドメイン名:example.com

本トランスファーを続行希望の場合には、下記方法にてお手続き下さい。
2017/02/09 12:05 までにお手続きが行われない場合、トランスファーが行われ
ませんのでご注意下さい。

1.下記URLへアクセスしてください。

http://transfer-domain.jp/domain/approve/in?requestId=xxxxx&opid=xxxxxxxxxx&lang=ja

2.ドメイン名をご確認の上、トランスファーを承認する場合は「承認する」、
 拒否する場合は「拒否する」ボタンをクリックしてください。
3.確認画面が表示されますので内容を確認し、間違いなければ「完了」をク
 リックしてください。

※本メールは、WHOISデーターベース上の登録者または管理担当者に送信され
 ております。

※トランスファー承認後は、現レジストラがトランスファー申請を拒否しな
 い限り5暦日以内にトランスファーが行われます。

※トランスファーが行われますと、それから60日間は他のレジストラへのト
 ランスファーを行うことが出来ません(トランスファー完了前・後のレジ
 ストラ双方の合意の基に行われる前レジストラへのトランスファー、もし
 くは紛争処理における裁定の結果の場合は除く)。

ご質問等がございましたら https://www.onamae.com/onamae/contact/ まで
ご連絡ください。

———————————————————————-
・・・以下略・・・

メール本文に記載の、

http://transfer-domain.jp/domain/approve/in・・・

のURLをクリックして、④の手順を踏みます。

お名前.comから承認メールを受信し、本文中のURLをクリックし、ホームページ上で承認

そして、さらに手順⑤に進みますが、

※クレジットカード決済の場合は、トランスファー手続き完了時に課金されます。

私の場合、クレジットカード決済になっていたので、⑥の手順は必要ありませんでした。

次に手順⑩に進むのですが、Value-domainでは特に何もする必要はありません。あとは手順11、12、13が終わったという連絡(メール)が来るのを待つだけです。

待つこと6日。

━━お名前.com by GMO ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━ ドメイン公式登録サービス ━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.onamae.com/ ━
■個人情報保護ポリシーについて■
───────────────────────────────────
お名前.comでは、個人情報の取り扱いに関しまして当社策定の「個人情報保護
ポリシー」に従っております。詳細は下記URLにてご確認ください。

http://gmo.jp/policy/privacy.html?pol=onamae

※本メールに心当たりの無い方は、本メールの破棄をお願いいたします。

───────────────────────────────────
■トランスファー完了通知■
───────────────────────────────────
ドメイン名………………:example.com
───────────────────────────────────
お名前.comをご利用いただき、まことにありがとうございます。

上記ドメイン名のトランスファーが完了した事をお知らせいたします。
以下の詳細をご確認ください。

============================================

※登録者情報に設定されているメールアドレスが認証手続きを行われていない
場合、別途認証をお願いするメールが送信されますので、ご対応くださいます
ようお願いいたします。

http://help.onamae.com/app/answers/detail/a_id/14766

 なお、認証メール送信から2週間ご対応がいただけなかった場合、同一のメー
ルアドレスを登録者情報に設定されているドメインは利用制限されますので
ご注意ください。

============================================
・・・以下略・・・

届きました!ドメインのValue-domainからお名前.comへの移管が完了しました!

この時、AWSのRoute 53を使用していたので、ネームサーバーの設定をAWSのネームサーバーに変更していて、そこは何か作業をしないといけないのかな?と思っていましたが、こちらも自動的にお名前.comのネームサーバーの方にも反映されていました。

何も問題なく移管できたので、「ああ良かった」と思っていたのですが、移管完了の連絡が来たちょうど1週間後のことでした。たまたま見つけたのですが、急にサーバーに繋がらなくなってしまったのです。該当のドメインのアドレスがひけなくなってしまいました。

はじめ何が原因かわからなかったのですが移管絡みなのは間違い無いと思っていました。

とりあえずwhoisコマンドを叩いてみたところ、、、

Mojyamojya-no-MacBook-Pro:~ Mojyamojya$ whois example.com



For more information on Whois status codes, please visit https://www.icann.org/resources/pages/epp-status-codes-2014-06-16-en.

Domain ID:D1XXXXXX-ASIA
Domain Name:EXAMPLE.COM
Domain Create Date:09-Apr-2010 04:20:46 UTC
Domain Expiration Date:09-Apr-2018 04:20:46 UTC
Domain Last Updated Date:22-Feb-2017 12:51:44 UTC
Last Transferred Date:07-Feb-2017 21:45:03 UTC
Created by:Key-Systems GmbH R52-ASIA (269)
Last Updated by Registrar:GMO Internet, Inc. d/b/a Discount-Domain.com and Onamae.com R39-ASIA (49)
Sponsoring Registrar:GMO Internet, Inc. d/b/a Discount-Domain.com and Onamae.com R39-ASIA (49)
Domain Status:serverTransferProhibited — http://www.icann.org/epp#serverTransferProhibited
Registrant ID:xxxxxxxxxx
Registrant Name:Akihiko Sato



Registrant E-mail:mojyamojya@example.com
・・・以下略・・・

よく見ると、登録時のメールアドレスが以前に使っていたものになっていたので、慌ててmojyamojya@example.comのメールボックスを確認して見ると、、、

━━━━━━━ GMO INTERNET, INC. DBA ONAMAE.COM ━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.onamae.com/ ━
[ English version is below ]

※本メールに心当たりの無い方は、本メールの破棄をお願いいたします。

本メールアドレスは送信専用となります。本メールアドレス宛への返信は受付
できませんのでご了承ください。
──────────────────────────────────
■メールアドレスの有効性認証■
──────────────────────────────────

本メールはICANNのWhois情報正確性確認方針に基づき、レジストラより
ドメイン名の登録者(Registrant)にご登録いただいているメールアドレスへ
送信しております。

ドメイン登録者情報のメールアドレスとして情報が正しい場合は、期日までに
以下URLへアクセスしてください。

対応期日:2017年02月22日 07:25

https://www.onamae.com/domain/verification?authId=xxxxxx&token=012345678&lang=ja&btn_id=whoisaccuracy_approval_mail

ドメイン情報認証のお手続きが期限内に行われない場合、該当ドメイン
を利用したホームページの閲覧や、メールの送受信ができなくなります
ので、必ずお手続きをお願いいたします。

※メールアドレス以外にも、Whois情報が不正確なドメインは、登録抹消や
  使用停止の対象となることがございますのでご注意ください。
※各種情報の確認・修正等はご利用のドメイン管理会社へご相談くださいます
 ようお願いいたします。
・・・以下略・・・

というメールが来ていることに気づきました。
登録時のメールアドレス宛にドメイン登録者情報として間違いがないかの確認を、期日までにしないといけなかったのです。

一時的に利用制限がかかっていたみたいです。

急いで本文中のリンクをクリックすると、承認済みの画面が表示され、今度は以下のようなメールが届きました。

━━━━━━━ GMO INTERNET, INC. DBA ONAMAE.COM ━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.onamae.com/ ━
[ English version is below ]

※本メールに心当たりの無い方は、本メールの破棄をお願いいたします。

本メールアドレスは送信専用となります。本メールアドレス宛への返信は受付
できませんのでご了承ください。
──────────────────────────────────
■ドメイン利用制限解除 完了■
──────────────────────────────────

当社サービスをご利用いただき、まことにありがとうございます。

ドメイン登録者(Registrant)情報のメールアドレス有効性認証をご対応
いただけなかったため、該当ドメインに対して利用を制限させていただいて
おりましたが、有効性の確認がとれましたので制限を解除いたしました。

なお、インターネット全体に反映するまで最大72時間程度かかる場合が
ございますので、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

※メールアドレス以外にも、Whois情報が不正確なドメインは、登録抹消や
  使用停止の対象となることがございますのでご注意ください。
※各種情報の確認・修正等はご利用のドメイン管理会社へご相談くださいますよう
  お願いいたします。
・・・以下略・・・

実は移管前から登録者情報のメールアドレスが気になっていたんです。変更できるような画面になっていたので、移管前にValue-domainの管理コンソールで試してみたのですが変更できませんでした。登録時の情報なので変更できてしまうのもおかしいですよね。
ただ、登録時のメールアドレス宛に大事なメールが届くとは思っていませんでした。

しばらくすると、該当ドメインのアドレスがひけるようになり、無事、サーバーにも繋がるようになりました。
やっぱり何かありました(笑)

個人的な用途のドメインとはいえ、もっとちゃんと下調べしないといけないですね。反省です。。。
ただ、登録時のメールアドレスがすでに廃止されているような場合はどうしたらいいんでしょうね?きっと手段はあるのでしょうけど。

関連記事

  • Unique Post

Trackback URL