Archive for the ‘Android’ Category

AIR for AndroidでNative Extensionsを試してみた(Flexライブラリプロジェクト編)の続きです。

前回は、Flexライブラリプロジェクトを作成してaneファイルをパッケージングしました。今回は、そのaneファイルを使うアプリケーションを作成したいと思います。

aneファイルは、swcファイルに非常に似ています。なので、swcファイルを読み込んで利用したことがあれば、aneファイルを利用するアプリケーションを作成するのはそれほど難しくありません。ライブラリをビルドパスに設定すればすぐ使えるようになります。

まず、Flexモバイプロジェクトを作成します。

Flash Builderの「ファイル」メニューから、「Flexモバイルプロジェクト」を新規作成します。
続きを読む »

AIR for AndroidでNative Extensionsを試してみた(概要編)
AIR for AndroidでNative Extensionsを試してみた(Androidプロジェクト編)
とAIR for AndroidのNative拡張について書いているのですが、ちょっと間があいてしまいました。すいません…

そうこうしている間に、Adobe Developer ConnectionにもAIR Native Extensionsの記事がアップされました。
ネイティブ拡張(Native Extensions)入門 第2回 ネイティブ拡張の開発方法 前編 | デベロッパーセンター
ネイティブ拡張(Native Extensions)入門 第3回 ネイティブ拡張の開発方法 後編 | デベロッパーセンター

こちらの記事は、使用するクラスやメソッドなどについても詳細に書かれていたり、AndroidだけではなくiOS対応についての記載もありますので、非常に参考になると思います。
続きを読む »

AIR for AndroidでNative Extensionsを試してみた(概要編)の続きです。

前回は、AIR for AndroidでNative拡張する際の開発手順などについて記載しました。

  1. Androidプロジェクトの作成
  2. Flexライブラリプロジェクトの作成
  3. Flexモバイルプロジェクトの作成

今回は、実際にAndroidのNative機能を呼び出すAndroidプロジェクトを作成してみたいと思います。このプロジェクトでは、簡単に実装できて、Native拡張していることが簡単に確認できるよう、Toastクラスを利用したいと思います。

まず、Eclipse(Flash Builder)の「ファイル」メニューから、「Android Project」を新規作成します。
※ Eclipse Android Plug-inが必要です。
続きを読む »

ちょっと乗り遅れ気味ですが、AIR Native Extensionsにどっぷりはまってます。

今までAIRでは、AIR SDK 2.5からAndroid向けのアプリケーションが開発できたものの、AndroidのNativeの機能を利用することはできませんでした。アプリケーションからのちょっとしたメッセージを通知するようなToastクラスや、Androidに常駐しBackgroundで処理をするようなServiceクラスなどの機能のことです。
※ AIR Native ExtensionsはAndroid向けの機能ではありませんが、ここでは、Androidに特化して記述しています。

AIR 3からは、AIR Native Extensions(ANE)というNative拡張機能が実装されました。
参考:ネイティブ拡張(Native Extensions)入門 第1回 ネイティブ拡張を理解する | デベロッパーセンター

このAIR Native Extensionsに興味がわき始めたので、早速、2011年12月9日(金)に開催された、Native Extension Lab 5 : ATNDに参加してきました。

ANE LabのFacebookページはこちら。
Lab of Native Extensions

参加するにあたって、AIR for AndroidでNative Extensionsを利用する簡単なアプリを作りましたので、注意点などを踏まえてまとめたいと思います。
続きを読む »

本日(2011年11月9日)、gTranslator v1.2.5をリリースいたしました。

以前は、Facebook SDK for Androidが提供するFeed Dialogを使って、翻訳結果をウォールに投稿する機能を実装していましたが、Feed Dialogのmessageプロパティが無効になっていたで、Feed Dialogに翻訳結果を初期表示することができなくなったことを知ったので、あらたに「Facebookに投稿する」画面を作って、そこからウォールに投稿できるようにしてみました。

また、Facebook SDK for Androidが更新されましたので、あわせてSDKを更新しています。

Facebookのウォールに投稿する部分の実装は、Facebook SDK for Androidが更新されましたのサンプルソースとほぼ同様です。
続きを読む »

Google Translate API v2の有料化に伴い、2011年12月1日に終了するGoogle Translate API v1の呼び出しが回数制限されました。

これにより、gTranslatorでは、「翻訳に失敗しました。」エラーが発生しておりましたので、本日、この回数制限に対応したバージョン(V1.2.4)をリリースいたしました。

gTranslatorをご利用いただいている方には、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。

Google Translate API v1 – Developer’s Guide – Google Translate API v1 – Google Code


続きを読む »

Feed Dialogのmessageプロパティが無効になっていたので、FacebookのDialogを表示して、そのEditTextに投稿したい文章をデフォルト表示することができなくなってしまいました。

なので、Facebookのウォール投稿用のActivityを作って、そこにウォールに投稿したい文章をデフォルト表示するように変更しようと思い、やりかたを調べていたところ、Facebook SDK for Androidが2011年10月11日に更新されているのに気が付きました。
facebook/facebook-android-sdk – GitHub


続きを読む »

ちょっと前のエントリになるのですが、gTranslatorにFacebookのウォールに投稿する機能を追加してみた(実装編)で、AndroidアプリからFacebookのウォールに投稿できる機能を実装しました。

当時は、FacebookのDialogを表示して、そのEditTextに投稿したい文章をデフォルト表示することができました。


続きを読む »

Google Translate API v2(Labs)が、昨日(8月24日)より有料化されたようです。

Back in May, we announced the deprecation of the free Translate API v1. Today, we’re introducing a paid version of the Google Translate API for businesses and commercial software developers.

The paid version of Translate API removes many of the usage restrictions of previous versions and can now be used in commercial products. Translation costs $20 per million (M) characters of text translated (or approximately $0.05/page, assuming 500 words/page). You can sign up online via the APIs console for usage up to 50 M chars/month.

Paid version of Google Translate API now open for business – The official Google Code blogより引用。

Important: Google Translate API v2 is now available as a paid service. The courtesy limit for existing Translate API v2 projects created prior to August 24, 2011 will be reduced to zero on Dec 1, 2011. In addition, the number of requests your application can make per day will be limited. For website translations, we encourage you to use the Google Website Translator gadget.

Developer’s Guide (v2): Getting Started – Google Translate API v2 – Google Codeより引用。


続きを読む »

久しぶりに、7月1日、7月2日と続けてセミナーに行ってきました。

そこであらためて、強く感じたことがあります。
※ かなり主観が入ってますので、不愉快に感じられたら申し訳ありません。

これからスマートフォン関連のビジネスに参入したいと考えているのであれば、NativeアプリではなくWebアプリをやるべきだ!

ということです。

スマートフォン関連のビジネスというと、少し語弊があるかもしれませんが、少なくともAndroidをターゲットとした場合には、大きくは外していないと思います。

この2日で、こちらのセミナーに参加してきました。

続きを読む »