Archive for the ‘gTranslator’ Category

2016年最初のエントリになってしまいました。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

過去に開発した翻訳アプリ

ですが、アップデートも滞っておりかなり陳腐化してしまったため、ソースをGitHubにアップしました!

GitHub – mojyamojya/gTranslator: A language translating application utilized the Translate API for Android users.
GitHub – mojyamojya/translatair: A language translating application utilized Google Translate API on the Adobe AIR runtime.

みなさんの開発の何かのお役に立てればと思います。

不備や質問等ございましたら、どしどしお問い合わせください!
よろしくお願いいたします。

本日(2011年11月9日)、gTranslator v1.2.5をリリースいたしました。

以前は、Facebook SDK for Androidが提供するFeed Dialogを使って、翻訳結果をウォールに投稿する機能を実装していましたが、Feed Dialogのmessageプロパティが無効になっていたで、Feed Dialogに翻訳結果を初期表示することができなくなったことを知ったので、あらたに「Facebookに投稿する」画面を作って、そこからウォールに投稿できるようにしてみました。

また、Facebook SDK for Androidが更新されましたので、あわせてSDKを更新しています。

Facebookのウォールに投稿する部分の実装は、Facebook SDK for Androidが更新されましたのサンプルソースとほぼ同様です。
続きを読む »

Google Translate API v2の有料化に伴い、2011年12月1日に終了するGoogle Translate API v1の呼び出しが回数制限されました。

これにより、gTranslatorでは、「翻訳に失敗しました。」エラーが発生しておりましたので、本日、この回数制限に対応したバージョン(V1.2.4)をリリースいたしました。

gTranslatorをご利用いただいている方には、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。

Google Translate API v1 – Developer’s Guide – Google Translate API v1 – Google Code


続きを読む »

Google Translate API v2(Labs)が、昨日(8月24日)より有料化されたようです。

Back in May, we announced the deprecation of the free Translate API v1. Today, we’re introducing a paid version of the Google Translate API for businesses and commercial software developers.

The paid version of Translate API removes many of the usage restrictions of previous versions and can now be used in commercial products. Translation costs $20 per million (M) characters of text translated (or approximately $0.05/page, assuming 500 words/page). You can sign up online via the APIs console for usage up to 50 M chars/month.

Paid version of Google Translate API now open for business – The official Google Code blogより引用。

Important: Google Translate API v2 is now available as a paid service. The courtesy limit for existing Translate API v2 projects created prior to August 24, 2011 will be reduced to zero on Dec 1, 2011. In addition, the number of requests your application can make per day will be limited. For website translations, we encourage you to use the Google Website Translator gadget.

Developer’s Guide (v2): Getting Started – Google Translate API v2 – Google Codeより引用。


続きを読む »

gTranslatorでは、Admobの広告を表示しています。ある時、Admobの管理コンソールにログインしてみると、「コードの更新があります」の表示がされていました。

どうやら、AdMob Android SDKが更新されたようです。

ということで、5月11日にリリースしたgTranslator v1.2.1でAdMob Android SDKを更新しましたので、導入手順をご紹介したいと思います。

今回の更新では、SDKが更新されただけでなく、名称がGoogle AdMob Ads SDK for Androidに変更されたようです。
続きを読む »

gTranslatorにFacebookのウォールに投稿する機能を追加してみた(Facebook登録編)の続きです。

今回は、AndroidアプリからFacebookのウォールに投稿する機能の実装部分をご紹介したいと思います。

まず、アプリにインターネットにアクセスする権限を与えるため、以下の記述をマニフェストに追記します。

<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET"></uses-permission>

この記述を追加した後のマニフェストはこんな感じです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
      package="jp.flashcast.translator.sample"
      android:versionCode="1"
      android:versionName="1.0">


    <application android:icon="@drawable/icon" android:label="@string/app_name">
        <activity android:name=".main"
                  android:label="@string/app_name">
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />
                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>

    </application>
	<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
</manifest>

続きを読む »

gTranslatorにFacebookのウォールに投稿する機能を追加してみた(SDK導入編)の続きです。

今回はFacebookにアプリケーションの登録する手順をご紹介します。AndroidアプリでFacebook SDKを利用するにはアプリケーションの登録が必要です。登録したアプリケーションの「アプリID」が必要になるからです。

また、登録することで、ウォールへの投稿内容の下にアプリケーション名を表示させたり、

いいね!してくれた方に、開発側からの情報発信(アプリケーションの更新情報等)ができるようになります。
※ 情報発信の方は、実際に試すことがあれば、後日ご紹介したいと思います。
続きを読む »

Android向け簡易翻訳(通訳)アプリケーション、gTranslatorに翻訳結果をFacebookのウォールに投稿する機能を追加しましたので、手順をご紹介したいと思います。

1エントリにまとめるとかなり長くなってしまいますので、何回かに分けて記載したいと思います。

Facebook SDK for Androidを使います。
The Official Facebook SDK for Android – Facebook開発者

今回は、SDKの導入手順です。

Mobile Apps – Facebook開発者を参考にしました。
続きを読む »

gTranslatorに韓国語と中国語の読み上げ機能を追加してみた(準備編)の続きです。

年をまたいで、かなり間が空いてしまいましたが、前回は、Windows Liveへのサインアップと、Microsoft® Translator ツールの各種APIコール時に必要なAppIDの作成までが完了しました。それでは、実装の部分に入りたいと思います。

APIについて

韓国語と中国語の読み上げには、Speak Methodを利用しています。
このAPIのURIは

http://api.microsofttranslator.com/V2/Http.svc/Speak

です。
音声にしたい文字列や、それが何国語なのか、などはパラメータで渡します。
続きを読む »

AmazonがAndroid向けアプリストアを開始することが発表されました。
Amazon、Android端末向けアプリストアを開始へ  :日本経済新聞

ということで、早速、gTranslatorを登録してみましたので、手順をまとめたいと思います。

Amazon Appstore Developer Portal


続きを読む »