Google Japan Blog: Android Hackathon を開催しますということを知り、googleがAndroidのセミナーをやるのかと思い何の気なしに申し込んだのですが、だんだんそうじゃないことに気付きはじめ慌てて開発環境を構築。

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: Androidアプリ開発環境構築
flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: Android Projectを作成して実行してみる

セミナーではなく、見ず知らずの参加者同士ががグループを作り、Androidアプリを開発するために1日中PCに向かうという会だったのです。

Hackathonとは – はてなキーワード

今日はその事前ミーティングでした。18:30〜20:30の時間帯での開催で、その中心テーマは
・グループ分け
・グループ内でのアイデア出し(Ideathon)
でした。

遅れることがわかっていた私は事前に連絡を入れておきましたが、着いた時にはグループ分けが始まっていました。各グループにはテーマがあって、やりたいことと一致するグループを各人が選ぶという形式でした。その中にあきらかに初心者向けのグループだとわかる「Tutorial」というのがあり、私はそのグループの一員となりました。

グループ内での自己紹介、Ideathonと続き、最後には各グループでまとめたアイデアを発表するのですが、「Tutorial」グループではいくつかアイデアは出たものの結局1つにはまとまらず、googleの方のアドバイスもあり、出たアイデアをすべて発表することにしました。私の出した思いつきアイデア、初心者でもつくれるジョークアプリは、最後に発表することになりました。

アイデアのまとまっているチームの発表が続き、最後に「Tutorial」チームの出番。

発表が終わると参加者全員による、面白いアイデアへの投票が待ってました。

結果発表。なんと、「Tutorial」チームがトップをゲット!賞品にTシャツをもらいました。

これで俄然士気の高まった「Tutorial」チーム、最後には、初心者でもつくれるジョークアプリに乗り気になってくれたみたいです。とても初対面とは思えないメンバーと充実した時間を過ごした気がします。3/20がちょー楽しみですっ!

関連記事

Trackback URL