Amazon EC2のMicro Instancesを3年分Reserved購入してみたのMicro Instancesを立ち上げてみたいと思います。

まず、AWS Management Consoleにログインします。

console

「Launch Instance」ボタンをクリックすると、起動するAMIの種類を選択する画面が表示されます。

start

Micro InstancesはEBSタイプのAMIから起動できるので、一番上の「Basic 32-bit Amazon Linux AMI 1.0」を選択しました。
※ EBSタイプのAMIについては、Amazon EC2のセミナーに参加しました!をご覧ください。

「Select」ボタンをクリックすると、起動するInstanceの種類を選択する画面が表示されます。

instance

「Instance Type」から「Micro(t1.micro, 613MB)」を選択し、「Continue」ボタンをクリックすると、オプション設定の画面が表示されます。

opiton

今回は、特になにも指定せずに先に進みます。「Continue」ボタンをクリックすると、起動するInstanceにタグを付ける画面が表示されます。
※ インスタンスにタグ付けすることができるようになりました。Amazon EC2の新機能:リソースタギング – Amazon Web Services ブログ

keyvalue

任意でタグを設定し、「Continue」ボタンをクリックすると、Key Pairsを選択する画面が表示されます。

keypair

自分のKey Pairsを選択して、「Continue」ボタンをクリックすると、Security Groupsを選択する画面が表示されます。

security

今回は、特になにも指定せずに先に進みます。「Continue」ボタンをクリックすると、確認画面が表示されます。

launch

「Launch」ボタンをクリックすると、完了画面が表示されます。Elastic IPsなどの他のサービスの設定に続くこともできるようです。今回は、特に何もせずに進みます。

complete

「Close」ボタンをクリックすると完了です!

コマンドラインからの操作も必要なく、非常に簡単に立ち上げることができました。また、EBSタイプのAMIから立ち上げたので、terminateしない限りはデータも消失しません。Instanceを停止する際は、stopすれば課金されなくなるのもとてもありがたいところです!

関連記事

Trackback URL