Flash Builder Burritoのプレビュー版は、Flash Builder 4のシリアル番号があれば、60日の試用期間後も使えます。

Flash Builder 4は、Standard版が同梱されているCS5のエディッションもあるので、CS5しかもっていない人も使い続けられるのではないかと思っていたのですが、CS5のシリアル番号を使ってもライセンス認証できません。

色々調べてみたところ、CS5 Web PremiumかMaster Collectionを持っていれば、60日の試用期間後もFlash Builder Burritoのプレビュー版を使い続けるやり方がわかったので、ご報告したいと思います!

まず、Adobe Flash Builder “Burrito” | cross platform development – Adobe Labsを開きます。

「Product Details」タブをクリックすると「FAQ」などが表示されます。

途中にこのような記載がありました。

Can I continue using Flash Builder “Burrito” after 60 days?
To extend the use of the preview release, you must own a valid license of Flash Builder 4. Entering a valid Flash Builder 4 serial number will allow you to continue to use Flash Builder Burrito.” If you own a copy of Creative Suite 5 Web Premium or Master Collection, you can also extend the use of the pre-release by requesting an extension serial number. This site will be live in mid-November.

60日間の試用期間後もFlash Builder “Burrito”を使い続けられますか?

Creative Suite 5 Web PremiumかMaster Collectionをお持ちの場合は、extension serial numberを使えば使い続けられます!

「requesting an extension serial number」のリンクからAdobe Flash Builder and Adobe Flash Catalystを開きます。

「Do you accept these terms?」をチェックし、「Continue」ボタンをクリックすると、「extension serial number」を要求する画面が開きます。

  • Serial Number (CS5 Serial Number)
  • First Name
  • Surname
  • Email Address

を入力して、「Request Serial Number」ボタンをクリックすると、「extension serial number」が画面に表示されます。

※ 前画面で入力したメールアドレス宛に、「extension serial number」の記載されたメールが届くのでなくさないようにしましょう。

今度は、この「extension serial number」を使ってライセンス認証してみます。

無事に認証され、Eclipseも正常に起動しました!

これでもう、Flash Builder Burritoを立ち上げる度に、体験版試用の確認画面は表示されることはありません。期間も気にせず使えるようになりましたので、今度は本格的に、AIR for Androidで何か作ってみたいと思いますっ!

関連記事

Trackback URL