gTranslatorにFacebookのウォールに投稿する機能を追加してみた(Facebook登録編)の続きです。

今回は、AndroidアプリからFacebookのウォールに投稿する機能の実装部分をご紹介したいと思います。

まず、アプリにインターネットにアクセスする権限を与えるため、以下の記述をマニフェストに追記します。

<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET"></uses-permission>

この記述を追加した後のマニフェストはこんな感じです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
      package="jp.flashcast.translator.sample"
      android:versionCode="1"
      android:versionName="1.0">


    <application android:icon="@drawable/icon" android:label="@string/app_name">
        <activity android:name=".main"
                  android:label="@string/app_name">
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />
                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>

    </application>
	<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
</manifest>


次に、ウォールに投稿する部分の実装です。以下のような画面のサンプルにしてみました。

画面下部のボタンを押すと、画面上部のEditTextに入力されている文章をFacebookのウォールに投稿すると言うものです。

ボタンクリック時の処理です。

Mobile Apps – Facebook開発者のサンプルとほとんど変わりないのですが、ここではウォールに投稿する機能しか持たないので、Dialogからの投稿にしてみました。

public class main extends Activity {
	Facebook facebook = new Facebook("xxxxxxxxxxxxxxx");
	
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);
        
        final EditText text = (EditText)findViewById(R.id.text);
        Button btnPost = (Button)findViewById(R.id.post);
        
        btnPost.setOnClickListener(new OnClickListener() {

			public void onClick(View v) {
				Bundle bundle = new Bundle();
				bundle.putString("message", text.getText().toString());
				
				facebook.dialog(main.this, "feed", bundle, new DialogListener() {

					public void onComplete(Bundle values) {
						
					}

					public void onFacebookError(FacebookError e) {
						
					}

					public void onError(DialogError e) {
						
					}

					public void onCancel() {
						
					}
					
				});
			}
        	
        });
    }
}

2行目の、Facebookクラスのインスタンスを生成する際に、gTranslatorにFacebookのウォールに投稿する機能を追加してみた(Facebook登録編)の「アプリID」をパラメータに指定します。

“xxxxxxxxxxxxxxx”の部分は、適宜、差し替えていただければと思います。

ボタンを押すと、以下のようにFacebookのDialogが表示されます。

EditTextに入力された文章が、Dialogに表示されているので、「公開」ボタンを押すことでFacebookのウォールに投稿することができます。

このように、Facebook SDKを利用すれば、簡単にウォールに投稿する機能を実装することができました。

以上で完了なのですが、ちょっと補足を。

gTranslatorのFacebook関連のエントリで参考にしてきたサイト、Mobile Apps – Facebook開発者と、若干説明が前後している部分があります(上記サイトでは、マニフェストにインターネットアクセス権限を与える追記の部分が、ハッシュキーの登録の前にあったりします)。何故かというと、導入の部分(実装に入るまでの準備の部分)と実装に限る部分とに分けた方がわかりやすいのでは?と思ったからです。

というわけで、一部説明の順番を変えています。

これで、gTranslatorを使えば、TwitterだけでなくFacebookでも外人さんとコミュニケーションをとることが出来るようになりました。gTranslatorで、SNSを楽しんでみるのというのはいかがですか!

サンプルソース

サンプルソースをお試しいただく際には、再度、Facebook SDKのプロジェクト参照設定が必要になりますので、ご注意ください。

関連記事

Trackback URL