iOS Developer Programは期限が近づいても、メールなどでリマインダーが届いたりはしないのですね。



期限が間近なことに気が付いたのが、日本時間の2011年10月12日の日中だったので、急いで更新手続きをしました。簡単ですが、手順をまとめておきたいと思います。

Member Center – Apple Developerにログインし、「Your Account」ページを開きます。



「Renew Now」ボタンをクリックすると、更新するプログラムを選択するページが表示されます。



「iOS Developer Program」を選択し、「Continue」ボタンをクリックします。



内容を確認して次に進みます。「Continue」ボタンをクリックします。



支払いは、日本のApple Storeで行います。「Add to cart」ボタンをクリックすると、Apple Storeのサイトに進みますので、購入手続きを済ませてから、再度、Member Center – Apple Developerに行きます。「Your Account」ページを開くと以下のようなメッセージが表示されています。

Your program purchase is pending and may take up to 24 hours to process. One processed, you will recieve an email from Apple Developer Support. If you have not already purchased your program, you may do so now.



24時間以内に処理が完了するようですが、時間ギリギリなので心配です。しかも、この日はiOS5の公開日だったので、なおのこと心配でした。

翌日の午前中(米国時間では、ぎりぎり2011年10月12日だったと思います)に、以下のようなメールが届きました。



どうやら無事に申請が完了したようです。
メールにあるリンクから、「Activation Code」を入力するページを開きます。



「Activation Code」を入力して、「Activate」ボタンをクリックします。



Activationが完了しました。
Expiration Dateも2012年10月12日になっており、無事、期限が延長されました。

ぎりぎりの延長申請でしたが、間に合ってよかったです。期限当日に気付いたのですが、米国との時差もあってなんとかなりました。次回からは、余裕をもって行いたいものです。
期限切れにならないよう気をつけましょう!

関連記事

Trackback URL