Amazon Web Serviceの提供するバージョン管理システム、CodeCommitをgitのクライアントツールSourceTreeで使ってみたいと思います。

CodeCommitをコマンドラインで使う方法はこちらに記載しています。

Developer’s blog | AWSのソース管理サービスCodeCommitを使ってみる

こちらの記事を参考にさせていただきました。

AWS CodeCommit with SourceTree – geekprotem projects

ローカルリポジトリが作成済みの状態で、SourceTreeを開きます。

ソースツリーの画面

次に設定を開きます。

リモートリポジトリの追加

まず、リモートリポジトリの設定をしたいので「追加」ボタンをクリックします。

リモートリポジトリの設定

リモートリポジトリを追加する画面が表示されますので、名前とURLを入力してOKします。

configファイルを編集する

次に、設定画面から「Configファイルを編集…」ボタンをクリックすると、エディタが開きますので以下のcredentialの設定を追記します。

[credential]
helper = /usr/local/bin/aws –profile CodeCommitProfile codecommit credential-helper $@
UseHttpPath = true

赤字のCodeCommitProfileの部分は、Developer’s blog | AWSのソース管理サービスCodeCommitを使ってみるで設定したCodeCommit用のプロファイルを指定します。

MacBook-Pro:hiro-office mojyamojya$ aws configure –profile CodeCommitProfile
AWS Access Key ID [None]: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
AWS Secret Access Key [None]: yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy
Default region name [None]: us-east-1
Default output format [None]: json

の部分ですね。

●編集前

[core]
	repositoryformatversion = 0
	filemode = true
	bare = false
	logallrefupdates = true
	ignorecase = true
	precomposeunicode = true

●編集後

[core]
	repositoryformatversion = 0
	filemode = true
	bare = false
	logallrefupdates = true
	ignorecase = true
	precomposeunicode = true
[credential]
	helper = /usr/local/bin/aws --profile CodeCommitProfile codecommit credential-helper $@
	UseHttpPath = true

追記したのは、Developer’s blog | AWSのソース管理サービスCodeCommitを使ってみる
のコマンドラインでCodeCommitを使用する際に設定した以下の内容と同じでした。

MacBook-Pro:example mojyamojya$ git config –global credential.helper ‘!aws –profile CodeCommitProfile codecommit credential-helper $@’
MacBook-Pro:example mojyamojya$ git config –global credential.UseHttpPath true

設定完了後、SourceTreeでFetch、Pullとすれば、一式取得できるはずです。
これでSourceTreeでもCodeCommitが使えるようになりました!
Commitと同時にPushもできて便利です!!

関連記事

Trackback URL

コメントする