Archive for the ‘ActionScript’ Category

AIR for AndroidでNative Extensionsを試してみた(Flexライブラリプロジェクト編)の続きです。

前回は、Flexライブラリプロジェクトを作成してaneファイルをパッケージングしました。今回は、そのaneファイルを使うアプリケーションを作成したいと思います。

aneファイルは、swcファイルに非常に似ています。なので、swcファイルを読み込んで利用したことがあれば、aneファイルを利用するアプリケーションを作成するのはそれほど難しくありません。ライブラリをビルドパスに設定すればすぐ使えるようになります。

まず、Flexモバイプロジェクトを作成します。

Flash Builderの「ファイル」メニューから、「Flexモバイルプロジェクト」を新規作成します。
続きを読む »

AIR for AndroidでNative Extensionsを試してみた(概要編)
AIR for AndroidでNative Extensionsを試してみた(Androidプロジェクト編)
とAIR for AndroidのNative拡張について書いているのですが、ちょっと間があいてしまいました。すいません…

そうこうしている間に、Adobe Developer ConnectionにもAIR Native Extensionsの記事がアップされました。
ネイティブ拡張(Native Extensions)入門 第2回 ネイティブ拡張の開発方法 前編 | デベロッパーセンター
ネイティブ拡張(Native Extensions)入門 第3回 ネイティブ拡張の開発方法 後編 | デベロッパーセンター

こちらの記事は、使用するクラスやメソッドなどについても詳細に書かれていたり、AndroidだけではなくiOS対応についての記載もありますので、非常に参考になると思います。
続きを読む »

AIR for AndroidでNative Extensionsを試してみた(概要編)の続きです。

前回は、AIR for AndroidでNative拡張する際の開発手順などについて記載しました。

  1. Androidプロジェクトの作成
  2. Flexライブラリプロジェクトの作成
  3. Flexモバイルプロジェクトの作成

今回は、実際にAndroidのNative機能を呼び出すAndroidプロジェクトを作成してみたいと思います。このプロジェクトでは、簡単に実装できて、Native拡張していることが簡単に確認できるよう、Toastクラスを利用したいと思います。

まず、Eclipse(Flash Builder)の「ファイル」メニューから、「Android Project」を新規作成します。
※ Eclipse Android Plug-inが必要です。
続きを読む »

HTMLとJavaScriptベースのAIRアプリやflash(swf)からJavaScriptを呼び出す方法は、いろいろと紹介されています。

例えば、、、

ActionScript 3.0 から JavaScript を呼び出すって話。 (InnerChild triumphs!!)
ExternalInterfaceクラスを利用すればいいみたいです。

ですが、Flash Builder(4.0よりFlex Builderから名称が変わりました)で作成した、MXMLとasファイルから構成されているようなAIRアプリから、JavaScriptを実行する方法はあまり見かけたことがありませんでした。

そこで、こんな方法を思いつきましたので、ご紹介したいと思います。

HTMLLoderクラスを使います。

こんな感じです。
続きを読む »

TranslatAIRのTweet機能をXAuth対応する(準備編)の続きです。

ActionScriptのOAuthライブラリや、twitterのAPIライブラリを使おうかとも思ったのですが、コールするAPIは以下の2つだけなので、今回は自前で作ることにしました。

  • https://api.twitter.com/oauth/access_token(アクセストークンを取得する)
  • http://twitter.com/statuses/update.json(ステータスを更新する)

※ 後者は前から使ってる翻訳結果をtweetするAPIです。

ライブラリのソースコードはかなり参考にさせていただきました。
q-oauth – Project Hosting on Google Code
oauth-as3 – Project Hosting on Google Code
などです。
続きを読む »

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: google翻訳APIを使ったAIRアプリを作る!(Twitterに投稿編)の続きです。

前回、翻訳結果をtwitterに投稿する部分を実装しました。いろいろテストしているうちに、クリップボードを監視する部分に問題があることがわかりました。

今の仕様では、クリップボードの中身に変化がないと、アイコンが回転しません。アイコンが回転しないと翻訳ができないため、2回連続で同じ文字をコピーした際には、アイコンが回転せず、翻訳ができないのです。

これはよろしくない。

ということで、以下のような仕様に変更することにしました。
続きを読む »

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: google翻訳APIを使ったAIRアプリを作る!(意図しない翻訳を避ける編)の続きです。

基本機能はある程度できつつあります。

ただ、翻訳するだけのアプリではなんとなく物足りないので、何か付加価値のある機能をつけたいと思います。そこで考えたのが、翻訳結果をtwitterに投稿する機能です!

まずは、仕様を決めたいと思います。

翻訳部分の仕様は、以下のようになっています。
続きを読む »

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: google翻訳APIを使ったAIRアプリを作る!(翻訳部分の実装編)の続きです。

前回まで、クリップボードを監視して値が変わったときに、翻訳するところまでを実装しました。ただ、これだとクリップボードにコピーした時にAPIをIコールするため、

要件の

翻訳元の文章は、インターネットを流れるので、ユーザが意図しない翻訳は極力避ける。

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: google翻訳APIを使ったAIRアプリを作る!より引用。

を満たさない結果となります。
続きを読む »

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: google翻訳APIを使ったAIRアプリを作る!(クリップボードを監視編)の続きです。

前回、実装していなかったgoogle翻訳API呼び出しの部分を実装していきたいと思います。

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: ActionScript3.0でJSONを読み込む方法を参考に思い出しながら、実装しました。方法、内容はあまり変わっていません。

as3corelibが新しくなっていましたので、最新のas3corelib-.92.1.zipをダウンロードして利用しています。

APIを呼び出す部分は、別クラスにしました。
続きを読む »

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: google翻訳APIを使ったAIRアプリを作る!(常駐アプリ編)の続きです。

前回は、ただ常駐するだけのアプリを作りました。それに機能を追加していきたいと思います。

翻訳したいケースは、ホームページを見ている場合、PDFの資料を見ている場合など、いろいろあります。状況に応じて汎用的に使えるように、クリップボードを監視して文字がコピーされた時に自動的に翻訳するようにしたいと思います。

AIRではOSのクリップボードを操作することが出来ますが、変更があった時のイベントは取得できないため、Timerクラスを使って定期的にクリップボードの中身を監視するようにします。クリップボードの中身が、テキストで、かつ、変更があった時にのみ翻訳しにいきます。
続きを読む »