1年位前にflashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: ActionScript3.0でJSONを読み込む方法で翻訳swfを作りました。これをベースに翻訳AIRアプリにチャレンジしていたのですが、ある程度できて満足してしまったため、放置していました。

初心に戻って、このAIRアプリ開発を再開したいと思います。

何かの開発中に問題が発生した時、その調査をしたり、比較的最近の技術にチャレンジしようと思った時など、英語文献を読むことがあったりしますが、わからない単語などが出てきたときなど、サクッと日本語訳を知りたかったりすることがあります。そんなときに役立つようなアプリにしたいと思います。

ざっくり、要件をまとめると、

  • 常駐して、ユーザからの翻訳アクションを待つ。
  • 簡単なアクションで、翻訳結果を得たい。
  • 翻訳元の文章は、インターネットを流れるので、ユーザが意図しない翻訳は極力避ける。

こんな感じでしょうか?

詳細は、いつものように作りながら決めていきたいと思います!

関連記事

Trackback URL