Google Japan Blog: Google Maps API でマネタイズを見て、Google Mapsに広告を載せられることを知りました。

これはいい!ということで、以前、iphone向け(現在は、Android、Firefox 3.5に対応済)に開発したWebアプリ、Stray Childの地図に載せたいと思います。

バックナンバーはこちら

Services – Google Maps API – Google Codeを参考に実装してみました、非常に簡単です。

	var adsManagerOptions = {
		maxAdsOnMap : 2,
		style: G_ADSMANAGER_STYLE_ADUNIT
	};

	adsManager = new GAdsManager(map, 'pub-XXXXXXXXXX', adsManagerOptions);
	adsManager.enable();

という数行を、初期化処理に入れればいいだけです。

ただ、これだと、

map

のように、住所表示が広告に押し出されて、画面からはみでるような感じになってしまいます。

Google Maps API Reference – Google Maps API – Google Codeを見ると、

style

G_ADSMANAGER_STYLE_ICON

というオプションがありました。広告がアイコン風の表示になるのだと思い、試してみたのですが、広告自体が表示されなくなってしまいました。

日本語訳のGoogle Maps API リファレンス – Google Maps API – Google Codeを見ると、なんと、styleオプション自体がありません。。。

options

えー。。。

とりあえず、アイコン風表示は対応されるまで待つことにします。

とはいえ、このままでは住所が見づらいので、広告の表示は1件にしました。

表示されている地図に関連した広告が出るはずなので、便利になると思います!iPhoneやAndroidをお持ちの方、是非、試してみてください!

Stray Child

関連記事

Trackback URL

One Trackback