Amazon EC2のMicro Instancesを起動してみるでLaunchしたInstanceに、Apacheをセットアップしてみたいと思います。

まず、sshでサーバにログインします。私の場合、Amazon EC2のサーバにログインする際は、puTTYを利用しています。puTTYからのログインの仕方などは、Amazon Machine Image(AMI)を立ち上げる前にの「10.keypairの作成」や、Amazon EC2 AMI起動の「2.puTTYで接続」を参考にご覧ください。

ただ、1つだけ当時と変わっているところがありました。以前は、ホスト名のところにroot@hostname形式で入力してrootでログインしていたのですが、どうやらrootではログインできなくなったみたいです。「ec2-user」でログインします。ec2-user@hostnameを入力したら、ログインできるようになりました。


OSのバージョンを確認してみます。

[ec2-user@ip-10-194-9-145 ~]$ cat /etc/system-release
Amazon Linux AMI release 1 (beta)

CPUの情報を確認してみます。

[ec2-user@ip-10-194-9-145 ~]$ cat /proc/cpuinfo
processor : 0
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 23
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5430 @ 2.66GHz
stepping : 10
cpu MHz : 2659.998
cache size : 6144 KB
fdiv_bug : no
hlt_bug : no
f00f_bug : no
coma_bug : no
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 13
wp : yes
flags : fpu tsc msr pae cx8 cmov pat pse36 clflush dts mmx fxsr sse sse2 ss ht pbe nx lm constant_tsc up arch_perfmon pebs bts aperfmperf pni dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm dca sse4_1 lahf_lm tpr_shadow vnmi flexpriority
bogomips : 5319.99
clflush size : 64
cache_alignment : 64
address sizes : 38 bits physical, 48 bits virtual
power management:

なるほど〜。

メモリの情報を確認してみます。

[ec2-user@ip-10-194-9-145 ~]$ cat /proc/meminfo
MemTotal: 617124 kB
MemFree: 443412 kB
Buffers: 5152 kB
Cached: 143652 kB
SwapCached: 0 kB
Active: 26968 kB
Inactive: 135404 kB
Active(anon): 13572 kB
Inactive(anon): 48 kB
Active(file): 13396 kB
Inactive(file): 135356 kB
Unevictable: 0 kB
Mlocked: 0 kB
HighTotal: 0 kB
HighFree: 0 kB
LowTotal: 617124 kB
LowFree: 443412 kB
SwapTotal: 0 kB
SwapFree: 0 kB
Dirty: 0 kB
Writeback: 0 kB
AnonPages: 13568 kB
Mapped: 5536 kB
Shmem: 52 kB
Slab: 6732 kB
SReclaimable: 4452 kB
SUnreclaim: 2280 kB
KernelStack: 184 kB
PageTables: 848 kB
NFS_Unstable: 0 kB
Bounce: 0 kB
WritebackTmp: 0 kB
CommitLimit: 308560 kB
Committed_AS: 23936 kB
VmallocTotal: 234488 kB
VmallocUsed: 888 kB
VmallocChunk: 233052 kB
HugePages_Total: 0
HugePages_Free: 0
HugePages_Rsvd: 0
HugePages_Surp: 0
Hugepagesize: 2048 kB
DirectMap4k: 629760 kB
DirectMap2M: 0 kB

確かに613MBですね。

それでは、Apacheをインストールしていきます。

[ec2-user@ip-10-194-9-145 ~]$ sudo yum install httpd
Loaded plugins: fastestmirror, security
amzn | 2.1 kB 00:00
amzn/primary_db | 1.1 MB 00:00
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
–> Running transaction check



Total download size: 1.4 M
Installed size: 3.3 M
Is this ok [y/N]: y



Dependency Installed:
apr.i386 0:1.3.9-3.4.amzn1 apr-util.i386 0:1.3.9-3.5.amzn1 apr-util-ldap.i386 0:1.3.9-3.5.amzn1 httpd-tools.i386 0:2.2.15-2.9.amzn1
mailcap.noarch 0:2.1.23-1.6.amzn1 system-logos.noarch 0:4.9.99-11.13.amzn1

Complete!

Apacheインストール完了です!

続いて、設定を変更していきます。
※ 以降の手順は、コミュニティーメンバーであるyasuの自宅サーバー再構築 その13 CentOS 5.2 にLAMP環境構築(Apache、PHP編)を参考に進めました。

/etc/httpd/conf/httpd.confを編集します。
※ 編集には事前にインストールしたemacsを使用しました。

HTTPヘッダーやエラーページにApacheのバージョンやOSの情報が表示されないようにOS から Prod に変更
ServerTokens Prod

管理者メールアドレスを変更します
ServerAdmin webmaster@example.com

サーバー名を変更します
ServerName www.example.com:80

<Directory />
  FollowSymLinksからNoneに変更してオプションを無効にします
  Options None
  AllowOverride None
  全てのアクセスを拒否します
  Order deny,allow
  Deny from all
</Directory>

IndexesからExecCGIに変更してCGIスクリプトの実行を許可しドキュメントルートのファイル一覧を表示しないようにします
  Options ExecCGI FollowSymLinks

NoneからAllに変更してファイルアクセス(.htaccess)の使用可能な指示子を全て許可にします
  AllowOverride All

エラーページにApacheのバージョンを表示しないようにOn から Off に変更
ServerSignature Off

Alias /icons/ “/var/www/icons/”
<Directory “/var/www/icons”>
Options Indexesを削除してiconsディレクトリのファイル一覧を表示しないようにします
Options MultiViews
AllowOverride None
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>

以上で設定変更は完了です。

続いて、サーバ起動時にApacheも自動的に起動するようにします。

[ec2-user@ip-10-194-9-145 ~]$ sudo chkconfig httpd on
[ec2-user@ip-10-194-9-145 ~]$ sudo chkconfig –list httpd
httpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

Apacheを起動します。

[ec2-user@ip-10-194-9-145 ~]$ sudo /etc/init.d/httpd start
Starting httpd: [ OK ]

ブラウザで確認すると、

apache

無事、Apacheのデフォルトページが表示されました!

ここまでするのに、1時間程度だったと思います。3年分Reservedで購入しているので、たったの$0.007です。驚きです!
※ 実際は繰り上げられて、$0.01になってました。
※ EBSの使用料は別途発生します。

関連記事

Trackback URL

2 Trackbacks

コメントする