gTranslatorでは、Admobの広告を表示しています。ある時、Admobの管理コンソールにログインしてみると、「コードの更新があります」の表示がされていました。

どうやら、AdMob Android SDKが更新されたようです。

ということで、5月11日にリリースしたgTranslator v1.2.1でAdMob Android SDKを更新しましたので、導入手順をご紹介したいと思います。

今回の更新では、SDKが更新されただけでなく、名称がGoogle AdMob Ads SDK for Androidに変更されたようです。

Google AdMob Ads SDK for Androidのダウンロード

「コードの更新があります」の表示の下の「更新」ボタンをクリックすると、SDKをダウンロードする画面が表示されます。

「Admob Android SDKのダウンロード」ボタンをクリックすると、ダウンロードが始まります。

5月10日時点では、SDKのファイル名が、

googleadmobadssdkandroid.zip

でした。このzipファイルを解凍すると、

GoogleAdMobAdsSdkAndroid-4.0.4

というフォルダができましたので、名前から判断すると、バージョンはどうやら4.0.4のようです。

Google AdMob Ads SDK for Androidの導入

続いて、SDKの導入です。

Google AdMob Ads Android Fundamentals – Google AdMob Ads SDK – Google Codeを参考に進めます。

まず、SDKのJARファイルをプロジェクトに追加します。プロジェクトフォルダ配下の「lib」フォルダに「GoogleAdMobAdsSdk-4.0.4.jar」をコピーします。

プロジェクトのプロパティから、このJARファイルを「Javaのビルド・パス」に追加します。

次に、Admob Android SDKが更新されましたでAndroidManifest.xmlに追加した記述、

<activity android:name="com.admob.android.ads.AdMobActivity" android:theme="@android:style/Theme.NoTitleBar.Fullscreen" android:configChanges="orientation|keyboard|keyboardHidden" />

の代わりに以下の記述を追記します。

<activity android:name="com.google.ads.AdActivity" android:configChanges="keyboard|keyboardHidden|orientation"/>

少しシンプルになった感じです。

また、以下の記述は不要になったようです。

<receiver android:name="com.admob.android.ads.analytics.InstallReceiver" android:exported="true">
	<intent-filter>
		<action android:name="com.android.vending.INSTALL_REFERRER" />
	</intent-filter>
</receiver>

同様に、Android Market公開を目指してAndroidアプリを開発する!(広告表示実装編)の最初のバージョンの、

<meta-data android:value="a149afxxxx" android:name="ADMOB_PUBLISHER_ID" />

この記述も不要になったようです。

次に、ネットワークのアクセス権を与える記述を追加します。

<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE"/>

続いて、サンプルのように、広告バナーを表示するロジックを記述します。

import com.google.ads.*;

public class BannerExample extends Activity {
  @Override
  public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    setContentView(R.layout.main);

    // Create the adView
    AdView adView = new AdView(this, AdSize.BANNER, MY_AD_UNIT_ID);
    // Lookup your LinearLayout assuming it’s been given
    // the attribute android:id="@+id/mainLayout"
    LinearLayout layout = (LinearLayout)findViewById(R.id.mainLayout);
    // Add the adView to it
    layout.addView(adView);
    // Initiate a generic request to load it with an ad
    adView.loadAd(new AdRequest());
  }
}

Google AdMob Ads Android Fundamentals – Google AdMob Ads SDK – Google Codeより引用。

10行目のAdSize.BANNERのように、広告バナーのサイズを指定できるようです。

また、パブリッシャーIDは、同じく10行目のMY_AD_UNIT_IDのところに指定しています。

これで広告が表示されるようになりました。

補足

と、このエントリを書き終えたところで気付いたのですが、5月16日時点で、バージョン4.1.0のGoogleAdMobAdsSdkAndroid-4.1.0がリリースされていることに気が付きました。

見たところ、導入方法はバージョン4.0.4のやり方と同じようです。次の機能追加でSDKも更新したいと思います。

関連記事

Trackback URL