Archive for the ‘google’ Category

Google ChromeでGoogle ドキュメントを編集している際に、文章の一部に取り消し線を使いたいって時ありますよね?

メニューをいろいろ探しても見つからないので、ぐぐってみるとありました。

ショートカットを使えばいいのですね。

  • Windows:Alt + Shift + 5
  • Mac:Option + Shift + 5

できました!

すぐ忘れるので、、、メモでした…
失礼しました!

※ 参考サイト:意外と知らないGoogleドライブのショートカットキーまとめ | ライフハッカー[日本版]

久しぶりの投稿です!
気が付けば、2013年ももう終わりですね。

もしかしたら今年最後の投稿になるかも…

日頃、gmailのやり取りをGoogle Chromeですることは少ないのですが、今日、gmailの返信をGoogle Chromeでする機会がありました。そこで、「タイトルの変更ってどうやるの?」と聞いたら、相当唖然とされてしまいました。

あまりの唖然っぷりにとてもショックをうけたので、久しぶりの投稿にも関わらず、こんなネタです。

いつもChromeではスレッド表示しているので、タイトルを変更することって全然ないんですよ〜

続きを読む »

Google Translate API v2の有料化に伴い、2011年12月1日に終了するGoogle Translate API v1の呼び出しが回数制限されました。

これにより、gTranslatorでは、「翻訳に失敗しました。」エラーが発生しておりましたので、本日、この回数制限に対応したバージョン(V1.2.4)をリリースいたしました。

gTranslatorをご利用いただいている方には、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。

Google Translate API v1 – Developer’s Guide – Google Translate API v1 – Google Code


続きを読む »

普段、Gmailはメインで使っているMacBookのメーラーで使うことが多いのですが、ブラウザで使っている時に気がついたことがありましたのでメモしておきたいと思います。
※ Gmailを使うブラウザはやっぱりChromeがおススメです。デスクトップ通知機能があるので新着を教えてくれたりします。

受信トレイなどのメール一覧から、読みたいメールをクリックするとメール本文が開くため画面全体が1つのメールの表示になり、不便に感じるときがありました(新規メールを書くのに他のメールを参照したいときなど)。

メーラーを使用している時と同じように、1つのメールが別のウィンドウで開けるといいなと思い調べてみると、ショートカットがありました。

「Shift + クリック」で、新着のデスクトップ通知をクリックした時と同じように別ウィンドウで表示してくれます。
続きを読む »

Google Translate API v2(Labs)が、昨日(8月24日)より有料化されたようです。

Back in May, we announced the deprecation of the free Translate API v1. Today, we’re introducing a paid version of the Google Translate API for businesses and commercial software developers.

The paid version of Translate API removes many of the usage restrictions of previous versions and can now be used in commercial products. Translation costs $20 per million (M) characters of text translated (or approximately $0.05/page, assuming 500 words/page). You can sign up online via the APIs console for usage up to 50 M chars/month.

Paid version of Google Translate API now open for business – The official Google Code blogより引用。

Important: Google Translate API v2 is now available as a paid service. The courtesy limit for existing Translate API v2 projects created prior to August 24, 2011 will be reduced to zero on Dec 1, 2011. In addition, the number of requests your application can make per day will be limited. For website translations, we encourage you to use the Google Website Translator gadget.

Developer’s Guide (v2): Getting Started – Google Translate API v2 – Google Codeより引用。


続きを読む »

gTranslatorでは、Admobの広告を表示しています。ある時、Admobの管理コンソールにログインしてみると、「コードの更新があります」の表示がされていました。

どうやら、AdMob Android SDKが更新されたようです。

ということで、5月11日にリリースしたgTranslator v1.2.1でAdMob Android SDKを更新しましたので、導入手順をご紹介したいと思います。

今回の更新では、SDKが更新されただけでなく、名称がGoogle AdMob Ads SDK for Androidに変更されたようです。
続きを読む »

2011年11月3日 追記
ご注意!
Google Translate API v1が2011年12月1日にサービスが終了いたします。添付のサンプルソースでは、Google Translate API v1を利用していますので、翻訳が正常に機能しない場合がございます。ご承知おきください。

Android Market公開を目指してAndroidアプリを開発する!(メイン画面作成編)の続きです。

今回は、google翻訳APIを呼び出す部分を実装します。

過去に、TranslatAIRでActionScriptを使って実装しているので、それをJavaに移植します。

まず、前回ご紹介したSpinnerコントロールを初期化する部分を少し修正します。なぜかというと、google翻訳APIに対して、「英語を日本語に訳して」というような指示をするには、langpairパラメータを指定しますが、「English」ではなく「en」というように指定します。この例で言いますと「langpair=en|ja」となります。

Spinnerコントロールのラベルと値を使い分けられるようにします。
続きを読む »

やっと、アプリが完成したので、リリースしましたっ!

名前は、TranslatAIRです。翻訳するAIRアプリということで、translateとAIRを合体してつくった造語です。

基本機能は、今までブログに書いてきたものと同等ですが、いくつか機能を追加しました。

  1. 翻訳結果を表示する機能。
  2. 任意の文章を翻訳する機能。
  3. 翻訳履歴を保存・閲覧する機能。
  4. 設定変更機能
  5. クリップボードの中身を翻訳結果に差し替える機能。

などです。
続きを読む »

Google Japan Blog: Google Maps API でマネタイズを見て、Google Mapsに広告を載せられることを知りました。

これはいい!ということで、以前、iphone向け(現在は、Android、Firefox 3.5に対応済)に開発したWebアプリ、Stray Childの地図に載せたいと思います。

バックナンバーはこちら

Services – Google Maps API – Google Codeを参考に実装してみました、非常に簡単です。

	var adsManagerOptions = {
		maxAdsOnMap : 2,
		style: G_ADSMANAGER_STYLE_ADUNIT
	};

	adsManager = new GAdsManager(map, 'pub-XXXXXXXXXX', adsManagerOptions);
	adsManager.enable();

という数行を、初期化処理に入れればいいだけです。

ただ、これだと、
続きを読む »

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: google翻訳APIを使ったAIRアプリを作る!(クリップボードを監視編)の続きです。

前回、実装していなかったgoogle翻訳API呼び出しの部分を実装していきたいと思います。

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: ActionScript3.0でJSONを読み込む方法を参考に思い出しながら、実装しました。方法、内容はあまり変わっていません。

as3corelibが新しくなっていましたので、最新のas3corelib-.92.1.zipをダウンロードして利用しています。

APIを呼び出す部分は、別クラスにしました。
続きを読む »